イベントシーズン

【2019年〜2020年のハワイ旅行】GW明け&閑散期が狙い目

ゴールデンウィーク明けが狙い目

今年(2019年)のゴールデンウィークは、なんと10連休…!

どうも!ハワイ観光編集です♫

編集長:カイ
編集長:カイ
  しかし!10連休だろうと何連休だろうと、仕事の都合とかで暦通りに休むことが出来ない人もいる。
編集部:マナ
編集部:マナ
 サービス業だったり、仕事の都合だとGW明けにしか休めない人もいますよね…
編集長:カイ
編集長:カイ
 だけど!逆にチャンスなんだ♫

みんなと休みが被らないだけに、

・飛行機代が安い
・ホテル代が安い
・人混雑を避けられる
・部屋のグレードアップが期待

など!逆にメリットがあるからおトクなのは間違いない♫

というワケで♫

GW明けに『ハワイに行ってみようかなぁ〜』って思っている方は、特別安いのでGW明けの穴場を狙いましょう。

+αで更に安くする方法やをご紹介したいと思います♫

ハワイに行く前にぜひ、参考にしてみてください。

自分にあった安いパターンでハワイに行く

【旅行会社で安く行くパターン】

定番の旅行会社でハワイに行くのは、どちらかというと「海外旅行初級者の方」におすすめ。

編集部:マナ
編集部:マナ
 あまり海外旅行の経験がなく、自分でホテルや飛行機など手配するのが苦手な方は、

旅行会社で手配をしてもらう方がいいです♫ 

安くできる選択肢は少なくなりますが、旅行会社で行くパターンでも安くする方法はいくつかあります。

【全力で安く行くパターン】

ぶっちゃけいうと、本気出して安くハワイに行こうと思ったら!

最大限!安くするには

◼️ホテル個人手配
◼️飛行機個人手配(LCC)
◼️ホテル代が安くなるクレジットカード
◼️海外旅行保険付きクレジットカード

↑この方法がオススメの方は、中級者の方におすすめ。

『何度か海外旅行に行ったことがある人』

『次回のハワイ旅行はもっと安く行きたい!』

このような初級者以上の方は、出し惜しみなく、ゴリ押しで安くする方法を実践した方が100%トクです♫

編集部:マナ
編集部:マナ
 ということで!それぞれのパターンで安くする方法があるので、

『この方法は自分に向いているなぁ〜♫』という方法を参考にしましょうね☆

旅行会社で安く行くパターン

旅行会社を通してハワイに行こうと思っている方に、費用を安くする2つの案をご紹介します。

【急ぎにオススメ】旅行会社をネットで一括比較

ハワイ旅行の費用を比較

有名な旅行会社は、HISや日本旅行などがありますよね。

編集部:マナ
編集部:マナ
しかし!ホテル、飛行機、ツアー内容など、どの旅行会社でも内容が同じなら安い方がいいですよね!?

・家の近くにJTBがあったから!

・パンフレットを見たのがたまたまHISだった!

正直、どの旅行会社でハワイに行こうと自由ですが、このような理由で旅行プランを決めてしまうと、

・お得なのか?
・高いのか?
・安いのか?

1社だと比較しようが無いのです…!

必ず1社以上の見積もりをとるようにしましょう。

編集部:マナ
編集部:マナ
複数の見積もりをとることで、確かに安い旅行会社を見つけることはできるけど、

一件一件立ち回りするのは大変ですよね…?

編集長:カイ
編集長:カイ
確かに旅行会社ごとに見積もりを取るのは大変だし、めんどくさい!

そんな時は、ネットで相見積もりを取るサービスを活用すると簡単に比較ができるんだ♫

しかも無料で比較することができるから、ハワイ旅行の内容がある程度決まっている人は、サクッと金額を知るためにもいいでしょう。

ハネムーンの方はこちらで一括見積もりを。

それ以外のハワイ旅行はこちらで一括見積もりをどうぞ♫

編集部:マナ
編集部:マナ
場合によっては『何十万円も違う…!』なんてことはよくある話です。

安くできた分、現地で美味しい食べ物やショッピングに使うことができるので、旅行プランの比較はお忘れなく♫

ふるさと納税で旅行券をGET

※現在は、ふるさと納税による旅行券はありません。

HISのふるさと納税

今時の手法ですが、ふるさと納税の返礼品で『旅行券』をもらうことができます。

旅行券を支払いの一部として利用することで、結果的に費用を安くすることができます。

「旅行費」−「収入に応じた控除額」

編集長:カイ
編集長:カイ
・ふるさと納税ってよくわからない…

・CMもやっているけど、自分には関係ない

・所得が低い人はダメでしょ?

そんなことは無い!!もちろん高額所得者は控除額も多いから、たくさんの返礼品をもらう選択肢は広い。

しかし、所得が少なくても、いくらかの控除額があるから、何もしない方が「損」することになる。

自分の控除額はいくらなのか!?これは控除額シミュレーションで知ることができます。

ふるさと納税の旅行券についてはこちらの記事で詳しくどうぞ↓

ふるさと納税の返礼品は、納税した時点ですぐに手元に届くわけではわりません。

全力で安く行くパターン

今までの方法は、旅行会社を通して極力安く行く方法でしたが、ここでは個人手配をうまく活用して、「妥協一切なし」で安くする方法をご紹介します♫

旅行系最強のSPGアメックスカード

SPGアメックスカードの実物写真

編集長:カイ
編集長:カイ
 私も愛用しているクレジットカードなのですが、たくさんあるメリットをお伝えする前に、デメリットを1つだけ紹介しよう。

それは…

年会費が3万円です!

まぁこれだけ見ると、『高すぎて無理…!』『アホかぁ!!』何て思う方が99%はいるでしょう…笑♫

編集長:カイ
編集長:カイ
しかし、、私がこのカードをメインとして使っているということは、年会費3万円払うだけの価値、もしくはそれ以上のメリットがあるということ。

結論から言うと、年会費以上にホテル代を安くすることが可能。

『損して得をとれ』とはまさにこのこと。

しかし!

「この先いつ旅行に行けるかわからない…」

「ハワイ旅行はこれっきりかも…」

というような人は、全くメリットがないのでおすすめしませんが、

・頻繁に旅行に行く人
・毎年ハワイに行きたい人

このような方には、すごくメリットがあるので是非とも参考にしていただきたい。

実際にどれだけ安くなるのか!?私も身をもって実践しているので、こちらの記事を参考にどぞ。

SPGカードのメリット

SPGカードの実物写真

先ほど、年会費3万円と言いましたが、実質ほぼタダです。

入会特典で「30,000ポイント」がもらえるので、年会費分がポイントに変わったと思えばプラスマイナス0です。

このポイントは、ホテル利用料に還元することができ、ホテル代を割引して宿泊したり、ガッツリ貯めたポイントで無料宿泊したりできます。

ちなみに、5つ星ホテルのシェラトンワイキキで1泊するには、通常シーズンで50,000ポイントが必要です。

編集長:カイ
編集長:カイ
残りの20,000ポイントは、カード利用料ですぐに貯めることができるんだ♫

なぜなら!

100円のカード決済で3ポイントGETできるから、ポイントの貯まり方が尋常ではない。

もっと詳しく説明すると。

SPGカード入会でゴールドエリートの特典が受けられる

このカードに入会すると、マリオットリワードという世界一大きなホテルグループの会員になることができる上に、会員ランクが「ゴールドエリート」に一瞬でなることができるのです。

通常「ゴールドエリートのランクになるには」

グループホテルに年間25泊しないと到達できないランク

いかに自力でゴールドエリートになるのが難しいのかがよくわかりますよね。

編集長:カイ
編集長:カイ
しかし!このカードを持っている時点で、いきなりゴールドエリートになることができるんだ♫

特典として、部屋のグレードアップや、ホテル利用料に対し、25%ポイントボーナスなどの特典もあるので、詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ♫

海外旅行保険も付帯

このカードは海外旅行保険も付帯していて、補償内容もすごいです。

本人が補償対象なのは当然の話ですが、家族同伴者も保険が適応される優れものなんです。

そして!カードに付帯されている海外旅行保険でもっとも重要なのが『利用付帯か?自動付帯か?』です。

このカードは、自動付帯なので単純に持って行くだけで保険が適応されるのです。

『保険が付帯されている時点で、そんなの当たり前じゃん』って思うが!

編集長:カイ
編集長:カイ
 旅行代金や、交通機関をクレジットカードで支払わないと、保険が適応されない「利用付帯」が一般的なんだ。

年会費無料なら海外旅行保険すら付いていない場合がほとんど。

編集部:マナ
編集部:マナ
 海外旅行のためだけに、掛け捨ての保険に入るよりも、海外旅行保険が付帯しているカードを持っている方が一石二鳥で便利ですよね♫

SPGカードの旅行保険に関しては、こちらの記事を参考どうぞ♫

SPGカードの海外旅行保険がすごい