ハワイ旅行格安

【ハワイ見積もり】大公開!旅行会社〜個人手配の費用!安くする方法まとめ

ハワイ旅行見積もり

ハワイの見積もりを取りたい方に朗報!

私の経験上、結論から言わせてもらえば!同じプラン、同じ条件でも10万円安くすることも可能です。

どうも!ハワイ観光編集部のカイです♫

編集長:カイ
編集長:カイ
旅行会社や個人手配でハワイに行く場合、必ず必要なのは、相見積もりだ♫
編集部:マナ
編集部:マナ
飛行機1つにしても、日本とホノルルを発着している航空会社はたくさんあるの!

これだけでも、5万〜10万円も差があることなんてよくあるわ♫

なら!旅行会社それぞれで、見積価格が違うのは当然ですよね。

というわけで!ハワイの見積もりについて詳しく書いていきたいと思います。

この記事でわかること♫

●旅行会社の見積もり「注意点」
●見積もりを比較することで最安値を知れる
●旅行会社と個人手配の差

よかったら参考にしてみてください♫

ハワイ旅行の見積もりは1社で決めると〝損〟する

2018年にHISでハワイに行った見積り

▲大手旅行会社でハワイにいった時の明細。

・人数:2人
・ホテル:シェラトンワイキキ (5つ星)
・宿泊日数:6泊8日
・部屋:デラックスオーシャンフロント
・飛行機:デルタ航空
・座席:プレミアムエコノミー

●合計:1,024,060円

編集長:カイ
編集長:カイ
まぁ!正直いうと、8月のハイシーズンだし、この内容で100万円なら妥当な金額だ♫
編集部:マナ
編集部:マナ
他にも、シャンパン1本無料、送迎、トロリーバス、ディナー1食無料、オプショナルツアー無料などのサービスもあったから、得したように感じますよね。 

しかし!問題なのは、他社と比較しなかったこと…

比較なしで即決してしまったので、今となってはこの明細が、高かったのか安かったのかは不明。

ハワイの見積もりは多ければいい!比較が重要

例えば!それぞれ旅行会社のプランが、

A.100万円
B.110万円
C.94万円

▲このように!同じ内容のプランでも、旅行会社によって金額が違う事なんてよくある話です。

編集部:マナ
編集部:マナ
物を買う時も、同じ商品なら極力安いところで購入しますよね?

高い買い物なら、なおさら安いところを探すハズです♫

なので!旅行会社に限定してハワイに行くのであれば、必ず比較しないと〝損〟することになります。

▼簡単な方法を次でご紹介。

ネットの無料一括見積もり「先に料金相場を知る」

まずは!無料のサービスを活用し、ネットで数社一括見積もりを取りましょう♫

店舗型の旅行会社に、直接行って見積もりを取るのもいいのですが、

・待ち時間がある
・見積もりに時間がかかる
・断りにくい

などのデメリットがあるので、せっかくの休みが見積もりだけで潰れちゃいます。

ネット見積もりのメリット

●数社で相見積もり
●ハワイ旅行の費用相場がわかる
●ネットと店舗型を比較できるから選択肢が広がる
●節約できれば、現地で遊べるお金が増える

▲こちらのサービスでは、

・旅行ジャンル
・出発日
・希望日数
・出発空港
・人数
・合計予算

など!簡単な入力と、旅行会社を最大5社まで選ぶことで、見積もりを価格を知ることができます。

編集部:マナ
編集部:マナ
大手にはない細やかな旅行プランや、クルーズ専門や、ハネムーンに特化した専門店もあるから、自分の好みの選べるの♫

大手の旅行プランはカスタマイズしにくい上、割高の傾向がありますが、ネット見積もりだと合計予算を設定できるから安心です。

数分で終わるので、このタイミングで無料見積もり取っておきましょう♫

大手旅行会社の格安ツアーでチェック

大手旅行会社の強みは、航空券とホテルの特別契約による枠!

つまり!格安ツアーなどは、旅行会社が航空券やホテルを安く手に入れ、それをパックにしのが格安ツアーなのです。

このような格安ツアーの場合、同じプランを自分で手配したとしても、太刀打ちできないほど安い。

格安ツアーの場合は、

・航空会社の指定ができない
・エコノミークラスのみ
・部屋指定なし

など!値段が安いぶん、デメリットもあります。 

最近では、カスタマイズできるダイナミックパッケージなどが人気。

詳しくは、こちらの記事で大手旅行会社の格安ツアーをまとめています▼

ハワイツアー
※掘り出し物【ハワイツアーまとめ】格安ツアー・最安値どうも!ハワイ観光編集部のカイです♫ 大手旅行会社のツアーや、期間限定の格安ツアーなど、調べるとキリがありませんが! そんな...

個人手配の見積価格(2019年夏休み)

最近では、旅行会社でハワイに行くことはなくなり、コストパフォーマンスを重視した結果、個人手配でハワイに行っています。

というわけで!2019年でハワイに行く夏休みプランをご紹介します。

6泊のホテル代金「約38万円」

●シェラトンワイキキ
(2泊:856.69ドル)

●ロイヤルハワイアンホテル
(2泊:1625.57ドル)

●モアナ・サーフライダー
(2泊:1058.11ドル)

■合計:3540.64ドル
(日本円:382,389円)
※1ドル108円計算(2019年6月15日調べ)

ホテルや部屋のグレードで、1泊あたりの料金は変動しますが、今回のプランは「1泊平均6万円」です。

編集長:カイ
編集長:カイ
安くしようと思えば、それぞれのホテルで1泊3万円代にすることができるので、6泊で20万円以内に収めることも可能♫

私の場合は、

・クラブラウンジのアクセス
・朝食付き
・全てオーシャンビュー

これによって値段が高くなっています。

編集部:マナ
編集部:マナ
ホテルランクや部屋のグレードは個人の自由なのですが、個人手配の最大のメリットは、

好きなホテルにたくさん泊まれることです♫

旅行会社だと、基本的に1つのホテルに連泊するプランがほとんどですよね。

自由にカスタマイズしたい方は、個人手配がおすすめ。

今回泊まるホテルの内容は、こちらの記事を参考にどうぞ♫

ハワイ夏休み
2019年【ハワイ夏休み完全公開】旅行会社と個人手配の費用&比較2019年のハワイ旅行プランを、金額からホテル・航空券など、全て公開したいと思います♫ どうも!ハワイ観光編集部のカイです。 ...

航空券代金!ビジネスクラス往復「約29万円」

エアアジアのハワイ往復料金

結論からいえば!エアアジア(LCC)のビジネスクラスで往復29万円でした。(1人料金)

編集部:マナ
編集部:マナ
高いように感じますが、フルキャリアのビジネスなら片道だけでも20万円するので、

比較すると!通常のエコノミークラスで、エアアジアのビジネスクラスに乗れます。

ただ!エアアジアのビジネスクラスといっても、通用のビジネスクラスと違ってサービスは変わってきます。

編集長:カイ
編集長:カイ
エアアジアのビジネスクラスを選んだ最大の理由は、プレミアムフラットベッドだ♫

シートはこんな感じ▼

極端なことをいってしまえば!シートが広くて安ければなんでもいいんですw

ハワイまでは片道8時間もかかるから、狭いエコノミーだと窮屈で寝ることも難しい…

というわけで!狭い機内でハワイに行くよりも、快適さを重視した結果、エアアジアのビジネスクラスをチョイスしました。

だだし!12席しかないので、争奪戦間違いなしですw

新型機導入でANAのホノルル便が激アツ

最近では、ANAの新型「フライング・ホヌ」のカウチシートもおすすめ♫

A380カウチシート

「三列と四列」のカウチシートがあって、それぞれのシートで何人で利用するかは自由♫

エコノミークラスに追加料金で利用することが可能。

例えば!三列シートを1〜3人で利用したり、四列シートを1〜4人で利用できるので、エコノミークラスだけど、シートを広々と使うことができます♫

▲動画のように、レッグレストをあげてフラットにすると約81センチにも…

横になって、2人で寝ることもできますね♫

また!ANAのマイルを貯めたい方はおすすめ。私の場合、何もせずにエコノミークラスで往復無料で行けるくらい簡単に貯めることができました。

詳しくは、こちらの記事を参考にどうぞ▼

ハワイ行くならANAマイル
ANA(アナ)のマイルでハワイ!ビジネス・エコノミー・ファーストクラスどうも!ハワイ観光編集部のカイです♫ ハワイ行きの航空券って、シンプルに高いですよね? しかも、みんながハワイに行ける時期は...

「ハワイの見積もり!旅行会社〜個人手配」まとめ

本記事では、ハワイ旅行の見積もりについて書いてみました。

ハワイに行く方法はさまざまですが、どちらにしろ相見積もりを取らないと話になりません。

早めに行動しておくと、ホテルや航空券は安い段階で手配することができるので、このタイミングだアクションを起こしましょう♫

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

無料宿泊するために、実践している記事も合わせてどうぞ▼

ハワイの5つ星ホテル無料宿泊5
【ハワイの高級ホテル】安いを通り越して無料宿泊にチャレンジ中どうも!ハワイ観光編集部です♫ ・9月現在:「239,035ポイント」 ですが!ハワイは、日本の銀座...