モバイルバッテリー

【機内にモバブ】飛行機にモバイルバッテリーの持ち込み規制

モバイルバッテリー飛行機

結論から言うと!モババ(モバイルバッテリー)を預ける荷物に入れるとNGですが、手荷物ならOKです♫※条件あり

どうも!ハワイ観光編集部です!

編集部:マナ
編集部:マナ
機内の中に持ち込みはできるんだけど、細かいルールがあったり、何でもかんでもOKというワケにはいかないの…
編集長:カイ
編集長:カイ
間違ってトランクケースに入れてて、没収されたり、壊されたりなども多々ある!

中には、容量が大きすぎて機内に持っていけないなどもありえるぞ!

編集部:マナ
編集部:マナ
ちなみに!モバイルバッテリーは通称〝モバブ〟や〝モババ〟という方も♫

本記事は文字数を少なくするためと、響きがいいので『モバブ』で表記することも。笑

※モバブは「モバイルブースター」からキタ言葉

というワケで!機内に持ち込むルールや、航空会社別のルールなどをご紹介します♫

飛行機にモバイルバッテリーを持ち込むルール

近年、モバブは「航空業界で嫌われもの」という認識があります。

なぜか?モバブには、「リチウムイオン」という電池が使われており、過去に何度か発火が原因で、緊急着陸するなどのトラブルが起きているからです…。

編集部:マナ
編集部:マナ
だけど!リチウム電池を使った電子機器はたくさんあるの!

リチウム(イオン)電池を使った電子機器一覧

【機内に持ち込みが多い電子機器一覧】

・スマートフォン・ノートPC・タブレット・デジタルオーディオ・携帯用ゲーム・ワイヤレスヘッドホン・カメラ・ビデオカメラ・モバイルルーターなど

これらほとんどの電子機器には、リチウム電池が使われており、基本的に機内に持ち込みはできるのですが、

保安検査場では、電子機器類だけを別のトレーに出して検査する必要があります。

編集長:カイ
編集長:カイ
他にも細かいルールがある。

バッテリー類の機内持ち込みは、短絡防止(ショート、絶縁、焼き切れる)の処置

160Wh超えたら×!160Wh以下のリチウムイオン電池は1人あたり2個まで

リチウム含有量2gを超えるものは×

などの規制がるんだ♫航空会社によっても若干の違いがるぞ。

ちなみに!発火事故が相次いだ「ギャラクシーノート7」ついては、国交省が機内への持ち込みを全面禁止。

モバイルバッテリーは【手荷物限定】

冒頭でも説明しましたが、

国内線・国際線では、機内にしかモバイルバッテリーを持ち込むことができません。

もし!モバイルバッテリーをトランクケースなど、預けた荷物に入れてしまうと、X線検査で破損される可能性があったり、呼び出しをくらい二度手間になることも…

これは!国際民間航空機関(ICAO)で定められたルールなので、必ず手荷物として、モバイルバッテリーを持っていきましょうね♫

モバイルバッテリーの機内持ち込みは容量(Wh)に注意

私の経験上、モバイルバッテリーを細かく調べられたことはないので、問題ないと思うのですが、容量が大きい方は注意しておきましょう。

一般的なモバイルバッテリーのサイズなら、心配する必要はないでしょう♫

あなたの160Wh以下?【Wh数の計算方法】

大容量タイプだったり、大丈夫かな?っと不安な方は、以下の計算式に当てはめてみましょう。

ワット時定格量(Wh)=定格電圧(V)×定格定量(mAh)÷1000

編集部:マナ
編集部:マナ
航空会社によっても、若干の違いがあるのでチェック↓↓

航空会社別!モバイルバッテリーの規制一覧

基本的には同じ条件の場合が多いのですが、

●航空会社
●国際線
●国内線

条件によって若干違いうので、飛行機に乗る予定の方は今のうちに確認しておきましょう♫

【全てに共通すること】

・リチウム電池:2g以下

・リチウムイオン電池:160W以上を全てダメ

・100Whを超えるものは2個まで

【国内線】モバイルバッテリー制限

ワット時定格量(Wh) 放電容量(mAh) ルール
100Wh以下 27,027mAh以下 制限なし
100Wh〜160Wh以下 27,027mAh〜43,243mAh以下 2個まで
160Wh超えるもの 43,243mAh以上 持ち込み負荷

簡単にまとめると、100Whを超えるものは何個でもいいけど、超えるものは160Wh以下なら2個までということです。

国際線の場合は、航空会社で変わってきます。

【国際線】モバイルバッテリー制限

航空会社 100Wh未満 100Wh〜160Wh未満
●デルタ航空
●ユナイテッド航空
●アメリカン航空
●ジェットスター
●KLMオランダ航空
●中国東方航空
●カンタス航空
●エールフランス航空
・持込可能 ・2個まで
●チャイナエアライン ・要許可 ・要許可
・2個まで
●シンガポール航空 ・20個まで ・2個まで
●大韓航空 ・持込可能 ・2個まで
・全部で5個まで
●中国国際航空 ・50Wh以下:最大8個まで
・100Wh〜160Wh以下:最大2個まで
●ブリティッシュ・エアウェイズ ・50Wh以下:最大4個まで
・100Wh〜160Wh以下:要許可&最大2個まで
●キャセイパシフィック航空 ・50Wh以下:最大20個まで
・100Wh〜160Wh以下:最大2個まで

※記載されていない航空会社は、事前に調べておきましょう。

編集長:カイ
編集長:カイ
100Wh未満で、個数が1個なら調べる必要はないぞ♫

【機内持ち込みOK】イチ押しのモバイルバッテリー

モバブの種類はたくさんあるので、目的別に分けてみました♫

もちろん!飛行機に持ち込みができるモバブに限定してご紹介します。

用途に合わせて選んでみましょう〜。

MacBook Proも充電可能【Anker PowerCore Speed 20000 PD】

カフェや、機内、旅行先でMacBookも充電したいという方には「Anker PowerCore Speed 20000 PD」がおすすめ。

編集長:カイ
編集長:カイ
MacBookユーザーには必見だ♫macもPD対応(高出力可能)だから、急速充電ができる☆
Anker PowerCore Speed 20000 PDの特徴

●Type-Cポートで、MacBookの充電可能

●大容量なのに世界最軽量

●Amazon第1位の充電製品ブランド

●大容量20100mAh(iPhone7を約6回、MacBook2017を約1回でフル充電)

編集長:カイ
編集長:カイ
旅行・外出先・仕事などなど、オールマイティーで使えるモバブならコレがおすすめだ♫
「アマゾン」で見てみる→

「飛行機にモバイルバッテリー」まとめ

本記事では、「モバイルバッテリーによる飛行機の規制」と「おすすめのモバイルバッテリー」について書きました。

私の場合は、国内や海外(ハワイ)に行くことが多いので、これ一台あればとにかく安心です。

※旅行以外でも活用できるのが特に気に入っています♫

私が旅行に持っていく電子機器

・スマホ・レンタルWi-Fi・MacBook・一眼レフカメラ

大容量だと、コレ1つで全てをカバーできるので、出先でコンセントを探す手間もいらないし、充電が切れるという不安もありません。

持っていない方や、大容量のモバイルバッテリーを探している方は、ぜひ参考に♫