ハワイ飛行機

【飛行機の快適グッズ】ハワイ旅行必見!機内に持ち込むべき必需品

ハワイ旅行の機内を快適にする

楽しいハワイ旅行は、現地に到着してからの話ですが、実は「機内の過ごし方」がとても重要。

どうも!ハワイ観光編集部です♫

最短でも直行便で8時間のフライト、経由すれば10時間も狭い飛行機にのっていないといけません…!

編集部:マナ
編集部:マナ

前後左右…狭い機内で、長時間も過ごせますか?

片道だけで、ほぼ半日を機内で過ごすんですよ…

編集長:カイ
編集長:カイ
そう!ビジネスクラスなど、広いシートなら気兼ねなく寝ることもできるし、自分だけの時間を過ごせるが、

普通の人たちは窮屈で色々なストレスを感じるんだ。

そこで重要なのが『グッズ&必需品』です♫

・時間を潰す
・快適に過ごす
・ぐっすり寝る

ハワイ旅行は基本的に機内で睡眠を取らないといけませんが、正直いうと慣れない環境なので、グッズ無しでは難しいんです…。

というワケで!機内で過ごすにあたって、さまざまなシーンにあったグッズや必需品をご紹介したいと思います♫

これで飛行機が快適「ハワイ旅行の機内騒音対策」

100%必要とまでは言いませんが、ハワイに着くまで、体調や体のコンディションに関わってくるので、強くすすめたいです。

いくつかご紹介していきますね。

結論から言うと!

「音が静かな飛行機」を売りにしていたボーイングB767では、機内の騒音レベルは「80db」です。

編集長:カイ
編集長:カイ
この「80db」という数字は、どれくらいの騒音かというと。

・走行中の電車内
・救急車のサイレン
・パチンコ店内
・トイレを流す音

・布団たたき

これらの音が80dbといわれる騒音だ。

編集部:マナ
編集部:マナ
えっ!8時間も目の前で「布団たたき」されているのと同じなの…笑

このように、うるさい騒音に長時間も過ごす環境というのは、知らないうちに「超ストレス」を感じているのです。

慣れてくると、この騒音も気にならなくなりますが、これは危険なので騒音対策は必ず準備しておきましょう。

航空会社によっては「耳栓」を無料配布しているところもありますが、あまり密閉しないし、作りもショボいのでオススメしません。

まぁ無いよりはマシなレベルです。

いくつかオススメの耳栓をご紹介しておきます。

CRESCENDO 耳栓 睡眠用

「アマゾン」でみてみる→

●穏やかな睡眠のお手伝い

●約25dbの遮音

●熱がこもらず、通気性に優れている

スージーイヤーグミ

[アメイズプラス] SU-ZI スージーイヤーグミ AZ-218

[アメイズプラス] SU-ZI スージーイヤーグミ AZ-218

888円(07/21 19:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
「アマゾン」でみてみる→

●自分の耳にあったオーダーメイド感覚

●フィットするから、しっかりと騒音をカット

●余計な圧力がかからないから、長時間でも楽チン

ソニー ノイズキャンセリングヘッドホン

「アマゾン」でみてみる→

 

個人的には、「騒音対策」もできて「音楽」や「映画」を楽しめるので、このヘッドホンはオススメです。

JALのファーストクラスでは、ノイズキャンセリング機能が付いたヘッドホンを採用されているとのこと。

どのくらいノイズをカットできるのか?詳しくはこちらの動画を参考にどうぞ♫

気になる方は、このタイミングで購入するのもありです。何せ、往復すると約20時間ですからね…

実用で使用するならこちらもおすすめ↓

「アマゾン」でみてみる→

BOSE ノイズキャンセリングヘッドホン

SONYよりもBOSEが好きな方は、こちらのヘッドもノイズキャンセリングが付いています。

「アマゾン」でみてみる→

飛行機快適グッズ「視覚をシャットダウンしろ」

耳栓と同様に、アイマスクは寝るためには欠かせない必須アイテムなんです。

耳栓とアイマスクを併用することで、5感を2つ休めることになります。

編集部:マナ
編集部:マナ
つまり、体を休めやすく、睡眠導入にも繋がるわ♫

これも、航空会社によってはサービスでもらうこともできますが、ない場合もあるので、事前に調べておきましょう。

MYTREX eye ホット アイマスク

アイマスクの効果と、より安らぎを求めたい方にはこちらのマスクがオススメ。

「アマゾン」でみてみる→

●目の仕組みを熟知した「保健学博士」と共同開発

●フラフェン加熱により遠赤外線効果

●ツボを効果的に温め、疲れた筋肉をほぐす

Tempur(テンピュール) スリープマスク

Tempur(テンピュール) スリープマスク

2,360円(07/22 06:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

「しゃべくり007」でも紹介された人気商品。テンピュールは、高級マクラで有名なブランドで、快眠グッズのスペシャリスト。

「アマゾン」でみてみる→

●テンピュール素材

●軽量でやさしいフィット感

狭い機内には風菌&乾燥「体調管理対策」

マスクをオススメする理由は2つあります。

1つ目は!風邪やインフルエンザなどの予防対策

個人的には、マスク着用は絶対に必須です!機内でマスク着用するよりも、空港内で着用することをおすすめします。

空港には何万もの人がおり、もし風邪がうつったらどうしますか?

ハワイに到着しても、風邪を引いていたら楽しめないですよね。

体調バッチリでも、万が一ということもありえるので、高い旅行代を無駄にしないためにも、マスクは必要です。

ちなみに、風邪やインフルエンザになってハワイの病院にお世話になると、死ぬほど医療費を請求されるので、旅行保険には絶対に入ってください。

保険もったいないな〜って方は、こちらの記事を参考にどうぞ。

ハワイ旅行の保険は掛け捨て損する
ハワイ旅行の『海外旅行保険』は…このクレジットカードで十分だどうも!ハワイ観光編集部です☆ いきなりですが!ハワイ旅行であなたが怪我をしました…!この場合、補償に関して「5つのケース」が考え...

2つ目は!乾燥対策

機内の中は、湿度による機械トラブルを防ぐために「ウォーター・エクストラクター」という水分を除去させる装置があるのです。

なので!機内の中は湿度が低い状態なので乾燥するのです。

編集部:マナ
編集部:マナ
 女性からしてみれば、乾燥は「シワや老化の原因」にもなるので、悪く言えば「老化装置」みたいなもの…

ドライノーズやドライマウスは、健康を脅かす恐れがるので、乾燥から守るためにもマスクを準備しておきましょう。

ぬれマスク 就寝用立体タイプ

のどぬ~るぬれマスク就寝用立体タイプ 無香料 3セット

のどぬ~るぬれマスク就寝用立体タイプ 無香料 3セット

340円(07/21 19:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
「アマゾン」でみてみる→

●通常のマスクと違って、スチーム効果でうるおいを10時間キープすることが可能。

●無香料で、口元がゆったりしており呼吸がしやすい

●ワイドゴムで耳が痛くならない

女子必見!ハワイ行きの機内ではスッピン

先ほも機内は乾燥するとお話しましたが、肌乾燥から守るためにも、簡単にできる対策はこの2つ。

・エアコンの直風は避ける

・水分補給をする

長いフライトになると、約1リットルの水分補給が望ましいとされています。

ですが、意識的に水分を摂取するのは難しいですよね。それに、水分を多く摂取するとトイレの回数が増えるのもめんどくさい…

なので、外側から水分量を補給し、保湿しながら乾燥から守りましょう。

さらにポイントとして!ハワイに行く場合は「夜便」がほとんどなので、メイクオフする方がオススメ。

日本の夕方か夜に出発して、8時間後にはハワイの朝方か午前中です。つまり、機内で寝泊まりするようなものなので、メイクをしたままだと肌ストレスの元になります。

メイクバッチリよりも、機内ではスキンケアを重点的にした方がいいでしょう。

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ♫

ハワイ行くときは化粧を落として機内に乗る
【飛行機で化粧したまま?】ハワイ便は機内乗る前にメイク落とせどうも!ハワイ観光編集部です♫ 楽しみにしていたハワイ旅行の当日…!今日に限っては、いつもより気合の入ったメイクで怖いものナシ…!...

飛行機を快適にするグッズ「狭い機内で便利」

上記で説明した物は、必ずあった方がいいであろう必需品。

次は「機内で快適に過ごせるグッズ」をご紹介したいと思います。

狭い機内が広くなることは不可能!ならば、限られた空間を上手に使うことで狭いストレスを軽減することができます。

いくつか便利なアイテムがあるのでご紹介します。

ハンモック式 フットレスト

「アマゾン」でみてみる→

いくら姿勢をコロコロ変えても、疲れは貯まる一方…

編集部:マナ
編集部:マナ
 そんな時、足を伸ばせたらいいなぁ〜って思いますよね♫

特に女性は、長時間のフライトだと「足のむくむ」が気になってくる…

少しでも足が伸ばせれば、エコノミー症候群の予防にもなるし、むくみ対策にもなります。

トラベルネックピロー

「アマゾン」でみてみる→

一般的なネックピローと違って、形がイビツですが、様々な用途に変身するので疲れを軽減してくれます。

機内で寝るときは、マクラ代わりになるのでオススメ。

ハワイ旅行「飛行機快適グッズ」まとめ

本記事では「機内で快適に過ごすためのグッズ」をご紹介しました♫

ビジネスクラスのような広々とした機内なら、快適に過ごせるのですが、ほとんどの方は狭い機内で過ごすことになります。

特にハワイの場合は、片道だけでも最短で8時間もかかるので、いかにして快適に過ごすかが大切なので、ぜひ旅行前に検討しましょう♫

ハワイのガイドブックに関しては、こちらの情報収集すると便利ですよ▼

ハワイガイドブック
【ハワイおすすめガイドブック】本・雑誌は時代遅れ!情報収集はコレ本や雑誌スタイルのガイドブックも悪くありません… しかし!個人的にはコスパが悪い無駄遣いだと思います。 どうも!ハワイ観光編...