マイル

ANA(アナ)のマイルでハワイ!ビジネス・エコノミー・ファーストクラス

ハワイ行くならANAマイル

どうも!ハワイ観光編集部のカイです♫

ハワイ行きの航空券って、シンプルに高いですよね?

しかも、みんながハワイに行ける時期はだいたい被っているので、値段も高騰しているし、

エコノミークラスでもハワイまで片道20万円なんてこともよくあります。※GWや年末などのイベント時

編集長:カイ
編集長:カイ
節約したいならホテル代をケチれば何とか安くできるが、航空券だけはどうにもならないんだよなぁ〜!
編集部:マナ
編集部:マナ
デルタ・ANA・JALなどのフルキャリアで料金を比較しても対して変わらないし…安く乗るにも限界があるの!

結論言えば!

・航空券を安くしたい
・タダで乗りたい

↑このような場合、行き着く先は〝マイル〟を貯めないと話になりません。

といわけで今回は!ハワイに力を入れている『ANAのマイル』について書いていきます。

マイルをたくさん貯めたい方は参考にどうぞ♫

ハワイに行くなら!ANAマイルを貯めた方がいい理由

最近のANAは、ハワイ便の新しい大型飛行機を導入したり、特典航空券(マイルで乗る)の枠を拡大するなど、ライバルである「JAL」に巻き返しをはかっています。

また、マイルが貯まりやすいキャンペーンや、便数も増えたことから、利用者である我々からすればメリットでしかありません。

ANAマイルを貯めた方がいい理由をいくつかご紹介します。

ANAハワイ便!世界最大の2階建て飛行機

この大型機は、ジャンボジェットよりもさらに大きい世界最大級の旅客機です。

●1階席

・エコノミークラス:383席

●2階席

・プレミアムエコノミー:73席

・ビジネスクラス:56席

・ファーストクラス:8席

●合計:520席

2階建ての飛行機になっていて、「空」「海」「夕日」をイメージし、塗装されたA380が3機導入されました。↓

エアバスA380ハワイ

2019年5月24日から、『東京(成田)〜ホノルル』をむすぶ就航が始まり、

5月〜6月は週に3便!7月からは1日1便運行予定。日・火・金は1日2便運航。

大型機の便数が増えることで、個人の欲求にあった選択肢が増えることになります。

例えば!広いシートでゆっくりしたいけど、値段が高いし、席はすぐ埋まるから予約しにくい。

このようなケースでも、席数が多いので空席を狙いやすくなります。

編集長:カイ
編集長:カイ
ちなみに!いろいろな航空会社で、年末付近の料金を比較したところ、ANAの方が料金がやすい傾向だった!

つまり!大型機になったことで、利用者のコスパもよくなったと考えることができるな♫

「カウチシート」

A380カウチシート

さらに今回、エコノミー席には「カウチシート」を導入♫

ANAカウチシート

エコノミーシートに分類されるのですが、「4席・3席」のカウチシートが準備されています。

編集部:マナ
編集部:マナ
このシート何のメリットがあるの?
編集長:カイ
編集長:カイ
簡単に言えば!4席のシートや3席のシートを自由に独占できるんだ♫

つまり!1人でシートを独占してもいいし、3席シートを2人で広く使うこともできるぞ!

もちろん!どのシートで何人で利用するのか?これによって追加料金が変わってきます。

3席シート 4席シート
就航キャンペーン
・3人利用で
4.500円・2人利用で
9,500円・1人利用で
59,000円
・4人利用で
6,000円・3人利用で

11,000円

・2人利用で
52,000円

・1人利用で
92,000円

ローシーズン
・3人利用で
9,000円・2人利用で
19,000円・1人利用で
59,000円
・4人利用で
12,000円・3人利用で

22,000円

・2人利用で
52,000円

・1人利用で
92,000円

ハイシーズン
・3人利用で
9,000円・2人利用で
49,000円・1人利用で
169,000円
・4人利用で
12,000円・3人利用で

52,000円

・2人利用で
172,000円

・1人利用で
252,000円

ANAハワイ便!特典航空券の枠が拡大

ANA特典航空券

特典航空券とは、『貯めたANAマイルで航空券に変えられる』というもの。

つまり!マイルがたくさんあれば、ビジネスだろうとファーストクラスだろうと乗れちゃうワケです。

しかし!特典航空券は1便に対して「決まった枠」があるので、なかなか取りにくいというデメリットが。

さらに!特典航空券でハワイに行きたい方はたくさんいるので、もちろん熾烈な争いになっていました。

編集長:カイ
編集長:カイ
せっかく貯めたマイルなのに、いざという時に使えないなら意味がない…

ANAユーザーにはこのように問題点が懸念されていたのです。

しかし!今回は、ハワイ便に関して便数の増加、席数増加のため、特典航空券が利用しやすい状況なのです。

編集部:マナ
編集部:マナ
A380ホノルル就航記念ということで、A380機のエコノミークラス・プレミアムエコノミーの〝空席〟があれば、誰でも利用ができるの♫

貯めたマイルでハワイに行きたい方は、以前よりも確実に特典航空券を取りやすくなっているから、今後も期待できると思います。

ハワイに必要な「ANAのマイル数」

でわ、ここからは!

『ハワイに行くにはどのくらいのマイル数が必要なのか?』

シーズンやクラスによってマイル数は変動するので、詳しく紹介します。

どのシーズンでハワイに行くか?3つのシーズンでマイル数が変動

●「L」ローシーズン
●「R」レギュラーシーズン
●「H」ハイシーズン

※2019年5月19日現在

L 2019年 ・1/7〜2/28
・4/1〜4/25
・5/8〜5/31
2020年 ・1/6〜2/29
・4/1〜4/23
・5/11〜5/31
2021年 ・1/5〜2/28
R 2019年 ・3/1〜3/31
・6/1〜7/24
・8/20〜12/17
2020年 ・3/1〜3/31
・6/1〜7/22
・8/20〜12/17
2021年 ・3/1〜3/31
H 2019年 ・1/1~1/6
・4/26~5/7
・7/25~8/19
・2/18~12/31
2020年 ・1/1~1/5
・4/24~5/10
・7/23~8/19
・12/18~12/31
2021年 ・1/1〜1/4

クラス別「必要マイル数を確認」

【利用クラス】

・Y(エコノミークラス)
・PY(プレミアムエコノミー)
・C(ビジネスクラス)
・F(ファーストクラス)

L R H
Y 35,000 40,000 43,000
PY 53,000 58,000 61,000
C 60,000 65,000 68,000
F 120,000 120,000 129,000
全て、往復分のポイント

Y(エコノミー)とC(ビジネスクラス)では、25,000マイルしか変わりません。

プレミアムエコノミーとビジネスでも、たった7,000マイルの差!

通常購入ならば、エコノミーとビジネスでは10万円以上も金額差が違うので、マイルを特典航空券に変えるのであれば、Cのビジネスクラスはコストパフォーマンスが高い。

編集長:カイ
編集長:カイ
せっかくマイルを貯めるなら、ビジネスクラスまで貯めよう♫

気合いでファーストクラスを貯めるのもアリだ☆

「ANAマイルでハワイ」まとめ

本記事では、ANAマイルについて書いてみました♫

SPGカードのポイント

今私が持っているSPGカードのポイントをANAマイルに移行すると、60,000ポイントで25,000マイルに交換できるので、50,000マイル移行できます。

今もっているANAマイルと50,000マイルを足せば、ハイシーズンでもハワイのビジネスクラスに往復することができるのです。

最近では、現金払いから電子決済やクレジット払いの需要がどんどん増えているので、せっかくなら賢くポイントやマイルを貯めて得してみてはどうでしょうか♫