ハワイで役立つ

【ハワイ旅行前にダイエット】サプリで痩せるもアリ!短期脂肪燃焼法

ハワイ旅行前にダイエット

ハワイ旅行中…ヤセて帰国する人0人説…笑

どうも!ハワイ観光編集部です♫

編集部:マナ
編集部:マナ
『ハワイ旅行前にダイエットしたい♫』

このように思っている女子も多いことでしょう。

しか〜し!仮に3kgヤセてハワイにいったとしても、

・肉
・ファーストフード
・パンケーキ
・美味しい食事
・スイーツ
・美味しいお酒

ハワイの食事はなんでも美味しい一方で高カロリー…!加えて、普段よりも間食や食事の量は増えるので、必然的に体重は戻ります。

編集長:カイ
編集長:カイ
さらに怖いのはリバウンドだ!

ダイエットした方法にもよるけど、ハワイで過ごしている間、ほとんどの人は太る。

というわけで!ハワイ行く前にダイエットしたい方は、帰国後のリバウンドも念頭に置いて正しいダイエットをしましょう。

よかったら参考にしてみてください♫

ハワイ旅行中に起こる悲劇を知れ

ダイエットの話から、ちょっと脱線するようなタイトルですが違います!

編集長:カイ
編集長:カイ
結果を知れば、『どのようなダイエット方法が正しいのか?』理解できると思うので、ぜひ参考にしてくれ♫

ハワイで歩く歩数「1日2万歩以上」

ハワイ旅行に行くと、

・ダイヤモンドヘッド
・カハラモール
・アラモアナセンター
・ハナウマ湾
・ラニカイビーチ
・カイルアビーチ
・ココヘッド

などなど!観光地を全部回るのは1週間あっても不可能なくらい観光スポットはたくさんあります。

観光地以外でも、基本的にホテルから飲食店、ホテルからワイキキビーチなど!

ハワイでは、一日中歩いていることがほとんどなのです。

編集長:カイ
編集長:カイ

でわ!ここからが本題。

1日何歩歩いているでしょうか?

もちろん個人差はあるけど、私の場合は!

万歩計

たった1週間で33,775歩…

ハワイにいった時は、1日2万歩以上ですよ!

すると…!体にどのような異変が起こるのか?

・股ずれ
・靴ずれ
・筋肉痛
・足がつる

など!実際にハワイに行くと、筋肉がある男性でも悲鳴をあげる事態に…

そう!もう答えは出ていますが、ハワイに行く前は下半身を鍛えた方が理にかなっているのです。

でわ!下半身を鍛えると、どのようなダイエット効果があるのかご紹介。

ハワイに行くならウォーキングで「一石二鳥」

ハワイに行くということは、普段の日常よりも歩かないといけません。

ということは、「歩きなれ」するには「ウォーキング」で下半身を今日かした方が手っ取り早いのです。

いくつかのポイントをご説明します。

下半身強化は代謝が上がり、ダイエット効果UP

女性がダイエットで失敗するのは、食べないで痩せようとするからです。

これは典型的なリバウンドする痩せ方で!気のせい!勘違い!無意味…

理由はいくつかありますが、

失敗するダイエット

◼️食べないことで筋肉量が下がる!

筋肉は脂肪よりも重いので、体重だけでいえば痩せるけど、筋肉が活性化しないので代謝は落ちて逆効果。

◼️下半身の筋肉低下で足がむくむ

ふくらはぎは第二の心臓と言われており、血流を心臓まで送り出すポンプ。これが低下することで、下半身に血流がたまったり、むくむ原因に。

まぁ科学的な理由は色々ありますが、筋肉低下によるデメリットは大きい!

特に、普段下半身をあまり動かさない方は「下半身デブ」になる傾向があります。

・締まっていない筋肉
・筋肉の周りに脂肪
・パンパンにむくんだ脚

この3つが原因で、いわゆる下半身デブの症状が出ると言われています。

このような方が、『筋トレしたら余計に足が太くなっちゃう…』という方もいらっしゃいますが、逆です。

まず!1番ダイエットの効果が高いのは、大きい筋肉を動かしてやること。

編集長:カイ
編集長:カイ

全体の筋肉の7割が下半身に集中しているので、ウォーキングで脚の筋肉を活性化すると効率いい♫

代謝効率がアップして、脂肪燃焼の効果や、むくみを解消できたことで、脚がスッキリするから、見た目的にも効果が高い。

なので、ウォーキングは理にかなっているというワケなんだ♫

ランニングはするな

「ダイエット=ランニング」これはちょっと考えものかもしれません。

ランニングのデメリット

・ランニング後、食欲が暴走
・5kmランニング消費!たったの250kcal
・毎日続かない

筋肉に負荷を与えるという意味では、ウォーキングよりも効果はあるのですが、毎日走るのはきついですよね…。

それに、5km走ってもたったの250kcalなので、ご飯一杯分くらいしか効果はありません。

どうせなら、ハワイに向けて楽しく痩せたいので、あまり過度なダイエット方法はやめた方がいいでしょう。

特に女性の場合は、ランニングにより胸が下がるなどのデメリットも…!

その他にも、走ることで内臓に負荷がかかり、活性酸素によって老化の原因になるという方も。

ウォーキングを毎日して筋肉を刺激してあげた方がラクですし、どちらにしろハワイではたくさん歩くことになるので、やはりウォーキングが1番♫

タンパク質が豊富な食事をすること

食べるのに抵抗を感じるかもしれませんが、まずはタンパク質をたくさん食べてください。

編集部:マナ
編集部:マナ
炭水化物や間食がダメ!というような細かい話は抜きにして、まずは筋肉の生成と維持に必要なタンパク質は必須条件です。

それ以外にも、タンパク質は「髪の毛や肌」などにも大きく関係してくるので、単純に筋肉だけの話ではなく、美容面でも効果は高いのでタンパク質はとても重要。

しかし!食事で1日に必要なタンパク質を補うのはかなり難しい…

ではどのくらいのタンパク質量が必要なのか!?

厚生省の日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要によると!

◼️成人男性:60g
◼️成人女性:50g

でわ!女性の場合、50gはどれくらいのタンパク質なのか?

『牛もも肉100g中』21.2gがタンパク質

つまり、200gの肉を毎日食べないと一日に必要なタンパク質は摂取できません。

男性ならまだしも、200gは相当な量ですよね。まぁ、タンパク質を多く含んでいる食材は肉だけではありません。

タンパク質が多い食材

・肉類
・卵類
・魚介類
・大豆製品
・乳製品

肉だけでタンパク質を補うのは大変ですが、バランスよく摂取すれば食事だけで補うことも可能。

編集長:カイ
編集長:カイ
さらに!炭水化物をタンパク質豊富な食材に置き換えるだけで、ダイエット効果は倍増するぞ♫

運動+サプリで「ダイエット効果倍増」

とにかく歩けぇ〜!という話とは別に、サプリメントの効果を利用すると、さらに効果は期待できるでしょう。

編集長:カイ
編集長:カイ
しかし!運動は必須条件だ♫

単純に、脂肪を燃焼する効果もあるサプリだが、筋肉の燃焼効果も加わることで、よりダイエットに繋がるから、甘えることなく運動は大事!

そこで!運動とは別にプラスαで、いくつかのサプリをご紹介します♫

RELATED POST