役に立つ

【ハワイの海は時期に注意】海に入る前にシーズンを確認しておこう

ハワイの海は時期に注意

ハワイといったら!何といっても「綺麗な海」ですよね。

どうも!ハワイ観光編集部です♫

ハワイは年中常夏ですが、時期によって雨季やハリケーン、クラゲが発生するなど、いつでも海に入れるというワケではありません。

編集長:カイ
編集長:カイ
ちなみに!8月にハワイへいった時は、海に入って5分で終了…理由はクラゲだ!!!!
編集部:マナ
編集部:マナ
せっかく可愛い水着を準備したのに使う出番がないと残念ですよね…

というワケで!ハワイに海に関する注意点など、シーズンごとにご紹介していきます♫

よかったら参考にしてみてください☆

ハリケーンが多い時期

編集部:マナ
編集部:マナ
結論から言うと!私がいった時期は最悪でした…

ハワイにいった時期は8月中旬で、大型ハリケーンとクラゲでほとんど海には入っていません…。

ハリケーン前で曇りだったけど、海はさすがにキレイでしたよ♫

◼️ハリケーンの時期は『6月〜11月』です。

日本人がハワイに多くなる「7月・8月」はまさしく、ハリケーンシーズンのど真ん中です。

実際に8月中旬にいった際、26年ぶりの大型ハリケーン上陸などと騒がれていました。

シェラトンワイキキ のハリケーン情報
編集部:マナ
編集部:マナ
まぁ〜こればかりは運なので、仕方がありませんよね♫

ハリケーンに遭遇したとしても、一日くらいは海に入れると思います♫

日本のように、台風3連発こなければの話ですが…笑

また!ハリケーンがくると、海どころの話ではなく、飛行機が遅延したり、欠航の恐れがあるので、スケジュールは余裕をもった方がいいでしょう。

海外旅行保険に加入する場合は、遅延などの保険が適応されるか要確認。

中には、クレジットカードの海外旅行保険にも「遅延」の保険が適応されることもあるので、出発前に確認しておこう。

海外旅行保険に関してはこちらの記事を参考にどうぞ♫

ハワイ旅行の保険は掛け捨て損する
ハワイ旅行の『海外旅行保険』は…このクレジットカードで十分だどうも!ハワイ観光編集部です☆ いきなりですが!ハワイ旅行であなたが怪我をしました…!この場合、補償に関して「5つのケース」が考え...

クラゲが多いシーズン

クラゲがあまりにも多いと「ビーチ閉鎖」で泳ぐことができません。

編集長:カイ
編集長:カイ
閉鎖されていなくても、私みたいにクラゲに刺されることもあります…笑

薬指と小指の間をクラゲに刺されたぞ…!皮膚が薄いところは勘弁してくれ笑

◼️満月から10日前後に発生する可能性が高い。

クラゲに関しては、毎月発生しているので、こちらのカレンダーでご確認を♫

また!ハワイにいる「カツオノエボシ」というクラゲは、ピリピリどころの話ではありません。

おそらく、私もこれに刺されたのですが、半日間ずっと痛いです…

人によっては病院送り、もしくはショック死する事例もあるので、ハワイで泳ぐ際は気をつけましょう。

ちなみに!ハワイは世界で1番医療費が高いと言われているので、病院送りになったら最後、高い医療費が請求されます。

保険は絶対に入っておきましょうね♫

乾季と雨季のシーズン

◼️乾季:5月〜10月

◼️雨季:11月〜4月

それと加え!年間平均気温は、

・年間最高気温平均:29度
・年間最低気温平均:21度

いつのシーズンでも過ごしやすい気候なんです♫

細かい気温についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

ハワイのベストシーズンは本人次第
ハワイ旅行【おすすめのベストシーズンはいつ?】安い時期・天候どうも!ハワイ観光編集部です♫ なぜかと言うと!ベストシーズンというのは、人それぞれハワイ旅行で求める目的が違うからです。...

【ハワイの雨季】

雨季といっても、日本の6月みたいな極端に雨が振り続けることはなく、スコールの回数が増えるという特徴があります。

実際に!乾季の8月でさえも、2日に1回はスコールが降っていましたよ♫

雨季だからといって、あまり神経質になる必要はないでしょう。

【ハワイの乾季】

最高気温がもっとも高くなる時期は8月です。最高気温が32度。

ですが、日本の真夏と比べると、そこまで高い気温ではありませんよね笑!

最近の日本の真夏は、40度を超えることもしばしば…!

編集部:マナ
編集部:マナ
しかも!ハワイでは貿易風の影響で湿度が高くないので、とても過ごしやすいの♫
編集長:カイ
編集長:カイ
日本は気温が高い上に、湿度も高いからジメジメしていて不快感がある…!悪質な暑さだ。

ベストシーズンについては、何をして楽しむかによって個人差があるでしょう〜♫

紫外線は年中強い

乾季だろうが雨季だろうが、過ごしやすい一方で、紫外線は日本の2倍とも言われています。

強すぎる紫外線を予防するには、それなりの強い日焼けどめを塗りたくなるところですが、実は肌へのダメージはゼロではありません。

さらに!ハワイでは、日焼け止めに含まれる化学物質がサンゴ礁に影響を与えるとのこと。

2021年から、ハワイ州で認められた成分以外の日焼け止めは、販売禁止になります。

しかし!観光客が持ってきた日焼け止めに関しては、今の所は規制されていません。

しかし!肌の影響と、海への影響を考えると、観光客だけ規制しないのは微妙ですよね…。

このタイミングでナチュラルオーガニックの日焼け止めにしてみてはどうでしょうか♫

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

ハワイで禁止の日焼け止め
ハワイ禁止の日焼け止め!ナチュラルオーガニックをおすすめする理由ハワイ州では、ある成分が含まれている「日焼け止め」は、2021年から販売禁止になりました。 どうも!ハワイ観光編集部です♫ ...

最後までご覧いただき、ありがとうございました。




RELATED POST