ハワイで役立つ

ハワイ禁止の日焼け止め!紫外線対策はナチュラルオーガニックがおすすめ

ハワイで禁止の日焼け止め

結論から言えば!ハワイ州では、ある成分が含まれている「日焼け止め」は、2021年から販売禁止になりました。

どうも!ハワイ観光編集部です♫

観光客や、日本から持って行く日焼け止めに関しては、規制ができないので問題はありません。

しかしながら、私たちだけ「なんでもあり」というのはおかしな話しですよね。

そこで!注目されているが「ナチュラルオーガニックの日焼け止め」。

・サンゴ礁に悪影響を与えない

・肌に優しいく赤ちゃんも使える

ナチュラルオーガニックの日焼け止めを使うことで、

海を守るための貢献もでき、自分の肌ダメージも抑える効果が期待できるので、一石二鳥なんです♫

そこで!ハワイで関する日焼け止め情報やナチュラルオーガニックのメリットについて書いていきます。

ハワイで日焼け止め禁止とは?

ハッキリ言えば、どの日焼け止めを使おうと個人の自由ですが!

ナチュラル成分の日焼け止めは、肌ダメージを軽減させる効果も期待できるので、是非ともおすすめしたいです♫

有害な日焼け止めは「サンゴを白化させてる?」

もちろん、強制ではありませんが、

編集長:カイ
編集長:カイ
 日焼け止めの成分規制をかける裏側には、海洋汚染対策として、キレイなハワイの海を守るためにできた世界初の新ルール。

編集部:マナ
編集部:マナ
「日焼け止め」に含まれるある2つの成分が、サンゴ礁を白化させる原因の1つだとう理由で、法案が可決されたんです。 

にも関わらず!!

有害と分かっていながら、私たち観光客は、関係がないと言い切れない…

キレイなビーチや海を守るために頑張っている人達がいる一方で、私たち観光客も意識を変えていかなければ、キレイな海はだんだん悪化して行くだけに…

編集長:カイ
編集長:カイ
 正直、日焼け止めを規制したとしても、10年後のハワイの海が、今よりも改善されているかは微妙だ…
編集部:マナ
編集部:マナ
もともと、長年かけて自然が作り出した環境なので、壊すのは簡単だけど、改善するのは難しいの…

ハワイ州のイゲ知事も、日焼け止めを規制することで、海の環境をよくする『小さな一歩に過ぎないけど、取り組みを続けたい』と述べています。

現段階で観光客は、規制対象外ではありますが、ハワイで販売されている日焼け止めの成分は規制されます。

持っていくのは自由ですが、この事実を知った上で、ハワイの海を楽しんで欲しいですね♫

ハワイで禁止の日焼け止めは「肌にも悪影響」

編集部:マナ
編集部:マナ
 日焼け止めはもともと、紫外線による肌のダメージを軽減させる目的もあるのですが、

紫外線から肌を守る成分もまた、肌にいいとはいえません。

肌へのダメージは、

・肌年齢の老化
・シミ
・シワ

実は、肌を守っている「日焼け止め」も、肌へのダメージが0とは言えず、強い化学物質は着実に悪影響を与えてます…

女性より男性の方が「肌がキレイ」というと理由の1つが、肌へのNOダメージ!「何もしないから」という一説もあり「肌断食」が話題になる理由はそこにあります。

紫外線以外の発ガン性リスク

紫外線による皮膚へのダメージは、皮膚ガンのリスクを上げることから、日焼け止めを推奨している一方で、

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、ホルモン異常の影響で「発ガン性」などの異常を引き起こすと指摘されています。

今回、規制で問題になった成分は紫外線吸収剤の、

◼️オキシベンゾン
◼️オクチノノキサート

他にも、避けたほうがいい成分として、

◼️パルソールA
◼️フェノキシエタノール
◼️パラアミノ安息香酸
◼️パラベン

旧厚生省が皮膚障害を引き起こす可能性があるものは、表示の義務があり、ほとんどの日焼け止めには、下記の成分のどれかが含まれています。

◼️オキシベンゾン
◼️2-ベンゾトリアゾール
◼️t-ブルチメトキシジベンゾイルメタン
◼️メトキシケイヒ酸オクチル
◼️パラアミノ安息香酸
◼️グアイアズレン
◼️サリチル酸フェニル

編集部:マナ
編集部:マナ

まぁ、これらによるデメリットを言ってしまえばキリがないですが!

最近のコスメでも、皮膚に刺激があるということで、ノンシリコンや、ノンパラベンなど、

ナチュラル系の製品が、今では当たり前の時代になっていますよね♫

・天然成分
・オーガニック
・ナチュラル系
・ノンケミカル

これらの製品は、決して安くはありませんが、日常的に使うものなので、どうせなら「肌に良いもの」で紫外線対策したいですね♫

ハワイに持っていきたい日焼け止め「ナチュラルオーガニックおすすめ」

単純にオーガニックと記載されているからといって、何でもいいと言うわけではありません。

厳密にいえば、日本ではオーガニック日焼け止めの基準がありません。

なので極端な話し!たった0.1mgのオーガニックが配合されているだけで、「オーガニック日焼け止め」といえるのです…

『インチキじゃん…』なんて思いますよね。

そこで!とことんオーガニックにこだわった、オススメの日焼け止めをご紹介します。

オルナオーガニック 日焼け止めクリーム

おるなオーガニック日焼け止め

【5種類の無添加を実現】

・合成香料不使用
・合成着色料不使用
・鉱物フリー
・パラベンフリー
・石油系界面活性剤不使用

他にも、肌のこと考えてつくられた日焼け止めで!

・23種類の植物美容液エキス
・12種類の美容成分配合

編集部:マナ
編集部:マナ
オーガニックの日焼け止めは、洗顔やボディーソープでも洗い流しやすいから、

クレンジング剤で肌を傷つけにくいメリットもあるんですよ♫

「ハワイ禁止の日焼け止め」まとめ

本記事では、ハワイの日焼け止めについて書いてみました。

ナチュラルオーガニックは、一般的な日焼け止めよりも若干高いですが、肌をいたわりたいからにはすごくおすすめ。

子供にも使用できるので、このタイミングで検討してはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

女性の方は、ハワイ行く前にこちらの記事もチェック♫

ハワイ行くときは化粧を落として機内に乗る
【飛行機で化粧したまま?】ハワイ便は機内乗る前にメイク落とせどうも!ハワイ観光編集部です♫ 楽しみにしていたハワイ旅行の当日…!今日に限っては、いつもより気合の入ったメイクで怖いものナシ…!...
RELATED POST