役に立つ

【ハワイ旅行の防犯対策&グッズ】ホテルや観光先で気をつけるコト

ハワイの防犯対策

日本人も多いし、ハワイは安全と思っているアナタ…

詐欺・盗難・薬物中毒者・殺人事件などなど、ハワイも安全ではありませんよ。

どうも!ハワイ観光編集部です♫

『日本人夫婦がトイレで薬物中毒者に襲われた!』など、まさかハワイで?というような事件も起きていることを認識しておこう。

編集長:カイ
編集長:カイ
ハワイは日本よりも小さい島なのに、薬物が流出しているのか?という疑問もあるが、

それよりも!防犯意識を持ってハワイに行くことが、犯罪から身を守る1番の方法なんだ♫

編集部:マナ
編集部:マナ
日本で過ごしている感覚で海外に行ってしまうと、

油断した隙にバッグを盗まれたり、詐欺にあったりなど、被害に巻き込まれてしまうケースはよくあるの…

というわけで!ハワイに行く前に、犯罪に巻き込まれやすいシーンや対策など、参考にしてみてください♫

ハワイで起こり得る犯罪を知る

ハワイと言わず、日本も含め海外全般に起こり得るケースは、最低でも知っておきましょう。

犯罪の基礎!みたいなものなので、目を通しておきましょう。

置き引き

飲食店の席に荷物を置いているすきに…!または、バッグを席の後ろにかけるなど、日本人はガードがあまいので、ターゲットにされやすいです。

必ず、目の届く範囲に荷物は置いておくこと!また、ハワイの場合は「ビーチ」の荷物がとても危険です。

荷物の見張り番なんていませんから、ビーチは注意しましょう♫

レンタカーの車上荒らし

荷物を入れるな!とまでは言いませんが、「車上荒らし」あってもいいように、貴重品は車の中に入れないこと。

また!車を駐車する時は、ひと通りが多い駐車場や、人目につきやすい場所に止めるように意識しましょう。

ひったくり・暴行・強盗

こればかりは、未然に防ぐしかありません。「暴行・強盗」は、ハワイでも多い犯罪で、マイナーな地域や観光地から離れると、ハワイといえど犯罪のリスクは上がります。

・公衆トイレ
・駐車場
・マイナーなバス停
・公園
・ひと気の少ないビーチ
・待ち伏せ

観光地からマニアックな地域に行くと、ギャングの縄張りがあったり、ホームレスがいたりします。自ら近づかないようにしましょうね♫

ハワイで犯罪から未然に防ぐ対策

ここからは、実際にハワイで起こるケースを参考にした対策をご紹介していきます。

部屋のセキュリティーボックス(金庫)は当てにするな

もし!ルームキーパーの方が、マスターキーを持っていたらどうしますか?

疑いたくはありませんが、金庫に入れてても「盗まれた」という事件をネットでチラホラ目にしていたので、結論入れない方がいいと思います。

上記の画像は、ハイアットリージャンシーワイキキに宿泊した時の金庫画像です。

開けた痕跡がわかるように、金庫を閉める前に画像に撮っておき、なおかつ開けたら本が倒れる細工を施し二日間実験…♫

盗まれてもそれはそれでネタになるので、実験してみてところ、全く開けられた形跡はありませんでした。笑!

ホテルによっては、誰でも扱えないようにマスターキーを管理しているホテルもあれば、グダグダ管理しているホテルもあるかもしれません。

もしくは、ルームーキーバーが独自に持っている方も、いるかもしれません。

こればかりは、疑いだすとキリがないので、最初っから使わない方向性がいいと思います。

ハイアットに関してはOKです♫まぁ自己責任ですけど…笑

スーツケースに貴重品を入れない

上記の金庫と話は被りますが、海外旅行といえば「TSAロック付き」のスーツケースやバッグが一般的。

でわ!TSAロックのマスターキーを持っているルームキーバーがいたらどうですか?

編集長:カイ
編集長:カイ
これも実際に多い事件のようですが、

TSAロックの鍵自体、作りは一般的な鍵と同じなので、マスターキーがあってもおかしくない話ですよね?

自分たちの部屋だからといって、安心しきってはいけませんね。

募金詐欺

実はこれ!私自身も募金詐欺を経験しました。

警察官の格好した、イカツイおっさんから呼び止められ、「ヒゲが伸びてるよ」と注意されたのですが、

『ハワイってヒゲダメなの?』と一瞬パニックになります…笑♫

そこからフランクに話しかけられ、最終的には「サイン書いて」「みんな書いてるよ」「募金してね」っとたたみかけられました。

別に、1ドルや2ドルくらいなら平気ですが、1人20$…

募金してくれたお礼に、ステッカーをいただきました笑!

せっかくだから貼りますよそりゃ〜笑!1枚2,000円もするんですから…でも、ムカつくので今からはがします!

私以外にも、サインしている日本人はたくさんいたので、見かけたり声をかけられた時は、キッパリと断りましょう。

海外旅行保険は100%加入

日本は国民健康保険があるので、自己負担額は3割!

さらに、高額療養費制度などがあり、もしもの時も安心ですが、日本を一歩でも出れば全て自己負担です。

おまけに!医療費が日本と違って法外クラス。

編集長:カイ
編集長:カイ
ちなみに!ハワイで盲腸になったら、医療費だけで200万円…しかも救急車や入院費などは別料金だ!

ハワイでちょっと診察してもらっただけで、10万円以上なんて話も耳にします。

なので!結論、ハワイ旅行や海外に行く際は、海外旅行保険の加入は必須条件なんです。

編集長:カイ
編集長:カイ
そこで!私のおすすめは、クレジットカードの海外旅行保険を有効に活用することだ♫

旅行限定で、任意保険に加入するのもありですが、何事もなく日本に帰ってきた場合「掛け捨て」になることがほどんど…。

それだと何となく「損」した気持ちになりますよね?

というわけで!持っているクレジットカードの海外旅行保険を有効にしておくと、保険が適応されるので、お金を払って保険に加入する必要が無くなります。

最近では、年会費無料で海外旅行保険が付帯しているカードもあるので、無料系のカードなら「楽天カード」がおすすめ。

保険以外にも楽天カードは特典が多いので、こちらの記事も参考にどうぞ↓

ハワイでおすすめのクレジットカードは楽天カード
【ハワイでクレジットカード特典をフル活用】楽天カードがおすすめの理由結論からいえば!楽天カードを持っていると、ハワイで快適に過ごせます。 どうも!ハワイ観光編集部です☆ ...

・保険内容を手厚くしたい
・旅行に特化した特典を受けたい

という方には!ポイントを貯めれば「ホテル無料宿泊」ができるSPGカードもおすすめですよ♫↓

ハワイの5つ星ホテル無料宿泊 3
【ハワイの高級ホテル】安いを通り越して無料宿泊にチャレンジ中どうも!ハワイ観光編集部です♫ ・4月:「130,822ポイント」 ・5月現在:「153,271ポイント」 ...

ハワイで便利な防犯グッズ

ここからは!持っておくと便利な防犯グッズをご紹介します。

犯罪を未然に防ぐためにも、有効な手段などで参考にどうぞ♫

マネーベルト

「アマゾン→」マネーベルト

 

ベルト式なので、置き引きやうっかりミスを防げるメリットがあります。

海外では、現金よりもカード払いが多いので、現金を少なくし、最低限の貴重品だけ管理するにはもってこいのアイテム♫

ビーチの荷物も安心

「アマゾン」でみてみる

 

ハワイといえば「ビーチ」ですが、荷物の盗難は頻発してします。防犯対策のために、貴重品を入れない方がいいのですが、そんなことしていたらビーチなんていけません…笑

そんな時は!『ちょっと動かすと爆音』がでるブザーがおすすめ。

バックの上に「ぽんっ」と置いておけば、動くと爆音が鳴り響きます。

防犯ケーブル

「アマゾン」でみてみる→

 

席を外す時や、荷物から離れる時など、ワイヤーでくくりつけておけば安心。

ホテル、ビーチ、レストラン、観光地など、1つ持っておけば盗まれる心配はありません♫

よかったら参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。




RELATED POST