ハワイ移動

怖い【ハワイで初レンタカーの注意点】国際免許不要だけど運転事故多発…

ハワイでレンタカー免許や注意点

どうも!ハワイ観光編集部です♫

結論言えば!日本の免許があればハワイで運伝はできます。

ハワイに行く際に、レンタカーがあると行動範囲が広くなるので、行きたいスポットに直接行けるメリットがありますよね☆

正直なところ、ハワイ初めての方にはちょっとハードルは高くなりますが、一度慣れてしまえば大したことはありません。

編集長:カイ
編集長:カイ
しかし…!初めてレンタカーに乗ってハワイを観光した時は、ちょっと戸惑うこともあったぞ!

・道路が狭い
・逆走しかけた笑
・信号がわかりづらい
・6車線
・左ハンドル

などなど、日本では運転に困ることはないですが、いくつかの注意点があるので、実際にハワイで運転した内容を赤裸々に紹介していきます。

よかったらハワイで運転する前に、参考にしてみてください♫

ハワイで車をレンタル!日本の免許書でOK

冒頭でも書いてますが、日本の免許があればレンタルできるのですが、誰でもOKというわけにはいきません。

レンタルする際の、最低条件や、トラブル回避する為にも知っておく事実があるので、1度目を通しておきましょうね♫

国際免許があればもっといいかも?

国際免許が必要になるシーンは、『事故』した時に便利です。

「事故の時に便利」という表現は嬉しい話ではありませんが、事故現場に居合わせた警察官とのやりとりがスムーズになります。

あと、国際免許書の優先順位は3番目。

・1番重要なのはパスポート
・次に日本の運転免許書
・最後に国際免許

編集長:カイ
編集長:カイ

理由は!外国人が事故した場合に、1番大事なのは、未成年だろうが!無免許だろうが!

「こいつは何者だ!?」という情報が1番欲しいワケです!

すると、

一発でわかる情報といえば世界共通のパスポートなのです。

私の持論ではありますが、ハワイに関しては、国際免許はいらないと思います。

日本の免許とパスポートさえあれば、何者かは理解できますし、それ以上の情報を欲しい場合はレンタカー会社に問い合わせすればわかる話。

色々なサイトを拝見しましたが!中には、

『パスポートは、紛失する恐れがあるから持ち歩かない方がいい』という方もいらっしゃいます…

事故した時に、パスポートを持っていないなんてありえません!

ハワイで、お酒を飲む時もIDチェックがあるので、パスポートは余裕で必要ですし、急な病気やケガなどのトラブルがあった際も、必ずパスポート必須です。

日本でも、クレジットカードや免許書は常に持ち歩いているハズです。

パスポートだけが特別ではないので、ちゃんとしていれば紛失しませんよ。

話は外れましたが、外国に行けばパスポートはあなたにとって神なので、肌身離さず持ち歩きましょう♫

年齢制限と免許取得年数

日本の免許書以外にも、必要な条件は2つ。

年齢が21歳以上であること

免許取得後、1年以上の経過

免許書と合わせ、上記の条件が整えば誰でも運転することができます♫

しかし!レンタカー会社によっては、運転ドライバーが上記の条件を満たしていても、24歳以下は保険の関係上、一人当たり25ドルの追加料金が発生します。

※レンタカー会社により内容は違います。

ハワイでレンタカー!運転はかなり危険

ハワイでレンタカー

実際に!フリーウェイで日本人が、車と車の接触事故を起こした現場を直接見たことがあります…

自信過剰で運転技術に過信していると、マジで事故ります…

日本で運転がうまくても、ハワイでは環境そのものが全然違うので、心に余裕があって柔軟な対応が求められます。

以下の注意点を知っておきましょう♫

左ハンドルの注意点と車線の注意

乗ったことある人は大体わかりますよね。ちょっと運転すれば直ぐに慣れるのですが、最初は戸惑います…!

慣れるポイントは!車に乗った直ぐ、駐車場をグルグル回って感覚をつかみましょう。

道路に出てからは、右車線ではなく左車線。

走っている車の後ろを走っていれば、混乱することはありませんが、一人ぼっちだと不安になります。

こればかりは走って慣れるしかありません。うっかりミスで逆走すれば正面衝突…

道路幅が狭い

日本と違ってフリーウェイは所々、道がボコボコしていたり、舗装がイマイチ…

さらに道幅はめっちゃ狭いです!

そのくせ、車幅が広いスポーツカーやSUV車がバンバン走っています。

編集部:マナ
編集部:マナ

トラックに関しては、車線はみ出しているじゃん…

ってツッコミたくなる笑

普段より横幅の車間が近く感じるので、「ぶつかりそう…」なんて思うことがすごくあります。

すると、前方不注意で車に激突…!いろいろとトラップがあるので、気をつけましょうね♫

フリーウェイ6車線の脅威

都会に住んでいる方は、6車線なんて珍しくないかもしれませんが、

フリーウェイ出口の渋滞6車線はやばい…

編集長:カイ
編集長:カイ
出口渋滞して身動き取れないのに、1番左車線から、1番右車線に移動しないといけない時は、肝を冷やしたぞ…笑

ガツガツ車線に入れない優しい方は、フリーウェイをさけましょう。

もしくは、パートナーに情報を早めに知らせてもらい、最初からその車線オンリーで走るなど心がけましょう。

「km」じゃなく「マイル」だよ

メーターの60kmと60マイルは全く違います。

60マイルは時速96kmです。

1マイルは1.6キロメートルなのですが、ハワイでいちいちキロメートルに直して運転していると、注意散漫で事故につながります。

「SPEED LOMIT 35
「SPEED LOMIT 55

など、通常の道路やフリーウェイの区間によってそれぞれ制限速度が決まっているので、確認しながら走行すれば、とりあえずスピード違反は回避できます♫

『今何キロで走っているんだろう?』

運転していると必ず疑問に思うので、知りたい時は、

表示されているマイルの半分の数を足し、プラスα数キロ足せば、大体の時速を知ることができます。

例:50マイルだと、半分は25マイル!50+25=約75km

実際は、80km出ている計算なので、計算よりも数キロオーバーしていることを理解し、速度を落とすように心かげましょう。

ハワイでレンタカーに乗る前に!便利な知識

ハワイでレンタカーを借りて実際に運転した際、私が思ったことや知っておくと便利なポイントをご紹介します。

車は頭から突っ込んで駐車が基本

日本ではバック駐車が基本ですが、ハワイや海外では、頭からズド〜ンと駐車している方がほとんどです♫

理由は分かりませんが、

・めんどくさいのか?
・そう習っているのか?

詳しくは分かりませんが、「郷に入っては剛に従え」ということわざ通り、みなさんに合わせて駐車しましょう。

理由は!防犯対策です。

「日本人はバックで駐車する」という認識がある悪い犯罪者からすれば、このレンタカーは日本人が駐車しているに違いない!という目印になってしまいます。

もちろん、スーパーやひと気が多いスポットなら、犯罪にあうリスクは少ないですが、ひと気が少ない観光地は要注意です。

そもそも!貴重品を車に置いておくのは、危険なのでやめましょう。

オープンカーの注意事項

私も経験があるのですが、オープンカーの後ろに荷物を置いていると、車越しに荷物を取られる恐れがあります。

実際に!観光客が荷物を盗まれる事件や多いとのこと。

私の場合は途中で築いたので、盗まれる心配はなかったのですが、信号待ちしている私の車の横につけて、後部座席を確認するような行動をする車がありました。

トラックの荷台に2人が乗っており、片側一車線なのに、私の真横に車を付けてきたのです。

明らかに怪しい行動だったので、直ぐに対処したのですが!実際に調べてみると、同じようなケースで盗まれた方がいるとのことでした…

・オープンにしても荷物は後部座席に置かないこと

編集長:カイ
編集長:カイ
ハワイといえど、犯罪は0ではないので、未然に防ぐ選択肢を準備しておこう♫

ナビは使い物にならない!グーグルマップが超優秀

レンタカー会社によって、ナビは使い物にならないことが多いです。

英語表示だったり、レスポンスが遅かったりなど、

私の場合は『オプション料金払っているのに意味ないじゃん』と思いました…

そこでオススメなのが!グーグルマップです。

普段から使っている方もいるでしょうが、下手なナビよりよっぽど優秀なので、ちょっと検索したり、ルート調べたりなど、扱いが簡単なので楽チンです。

また!日本で使っているように、日本語で表記されているので、最終的にはグーグルマップをナビ代わりに使っていました。

そこで問題になってくるのがネット通信です。

大手旅行会社で行くと、無料でWi-Fiを貸し出ししてくれるのですが、個人手配の場合はWi-Fiも自分で手配しないといけません。

個人でハワイに行かれる場合は、料金などを比較した記事を参考にどうぞ♫

ハワイに持って行くならこのWi-Fi
【ハワイでWi-Fiレンタルのおすすめ】編集長おすすめ3選どうも!ハワイ観光編集部です♫ 私の経験上、結論からいうと!ハワイでWi-Fiがないと生きていけません…笑 でわ!ハ...

日本人がミス連発!地元ルール

編集長:カイ
編集長:カイ
赤信号でも右折OK!

という謎の地元ルールによって、2回くらいクラクションを鳴らされたことがあるんだ…笑

地元ルールというよりも、ちゃんとしたルールとして存在していることですが!

ハワイ(アメリカ)は右折がやっかい。

日本でいう左折ですが、赤信号でも右折して良いということです。

しかし!『赤信号の右折禁止(NO RIGHT TURN RED)』の標識がある場合は、『赤信号では右折禁止』

もう1つ!(NO RIGHT TURN RED)小さい字で(EXCEPT FROM RIGHT LANE AFTER STOP)

このように道路標識がある場合は、『右側車線で一旦停止すれば赤信号で右折可能』

右折は3つ覚えておこう。

標識なければ赤信号でも右折して良い

「NO RIGHT TURN RED」は赤信号でも右折禁止

「NO RIGHT TURN RED(EXCEPT FROM RIGHT LANE AFTER STOP)」は気をつけて渡れ!

編集長:カイ
編集長:カイ
先頭になると毎回緊張していた…笑♫

あとは一方通行の標識が多いので、慣れれば問題なく運転はできます♫

よかったら参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございまいた。

レンタカーの料金比較はこちらのサービスがおすすめ↓