楽天トラベル【ハワイのホテルP20%】

※ハワイツアー5万円クーポンは先着限定!

ハワイキャンペーンのエントリー

ハワイに行くから「海外旅行保険のソニー損保」に加入してみた

海外旅行保険ソニー損保ハワイ便利

ハワイの病院で、チョチョイと診察してもらうと数十万円…w!風邪も病気も怪我もアウト!

どうも!ハワイ観光編集部のカイです♫

ハワイの医療費は世界でもトップクラス!まぁ細かい話は抜きにして、死ぬほど高いということだけはご理解を。

ソニー損保で、実際にハワイで起きた一例によると▼

ソニー損保ハワイ

編集長:カイ
編集長:カイ

結局のところ、これを自腹で払えますかってことだ!!

 

ハワイでは盲腸でも200万円だぞ…!救急車も自腹w

結論いえば!保険に入らずハワイに行くのはヤバいです。

そこで今回は!私がおすすめするソニー損保の海外旅行保険についてご紹介します。

結論からいえば!6泊8日でたったの「3,950円」と格安でした。

ソニー損保入会

 

ハワイ旅行前に「ソニー損保の海外旅行保険」に加入したので、詳しくご紹介します。

ソニー損保は他社よりも安かった

2018年に、旅行会社を通して6泊8日でハワイに行った時は、8,280円もしました。

●他社:8,280円
●ソニー損保:3,850円
●差額:4,430円

保険内容で若干の値段は変わりますが、ほとんど変わらない保険内容で金額が2倍以上も違うのです。

編集長:カイ
編集長:カイ

ソニー損保の海外旅行保険が安いのは、ネット限定だから♫

申し込みをネットで限定することで、低価格の保険料を実現できるんだ!

編集部:マナ
編集部:マナ

出発当日でも申し込みができるし、現地で困った時には、24時間365日ヘルプデスクが対応してくれるから安心♫

申し込んだソニー損保の保険内容

ソニー損保おすすめの海外旅行保険

【3つの保険プラン】

●保険料節約プラン
●おすすめプラン
●おすすめプランカスタマイズ

何もなければおすすめプランでいいでしょう。

保険料を手厚くしたければ「カスタマイズ」し、クレジットカードの海外旅行保険と併用するなら「保険料節約プラン」。

これは個人の自由なので、お少なプランを選びましょう。

クレジットカードの海外旅行保険おすすめ

私の場合は、2枚のクレジットカードと今回加入したソニー損保を合わせると3つの保険が適応されることになりますw

そこまでガチガチに固める理由としては、

・利用条件に適してないかった場合の対処
・保険金が少なかった場合、他で補う

など、1つの保険で十分ですが、もしものことがあるので、最低でも2つの保険は適応させておいたほうがいいでしょう。

というわけで!ソニー損保の任意保険以外で、クレジットカードの保険もおすすめなので、参考にどうぞ♫

保険料無料&年会費無料なら「楽天カード」

楽天カードの実物写真

楽天カードは年会費無料のカードですが、海外旅行保険が付いているのです♫

しかし!ただカードを持っているだけで、海外旅行保険が適応されるというワケではありません。

「利用付帯」といって、旅行に関する交通機関や旅行代金に関する費用を、楽天カードで支払うことで、海外旅行保険が適応されるのです。

・電車・バス・タクシー・航空機・海外航空券・海外ツアーなど

編集部:マナ
編集部:マナ

他にも!友達3人でハワイに行くとき、1人の人がまとめて楽天カードで支払いをした場合、残り2人も楽天カードを持っているなら保険が適応されるの♫

このようなトリッキーな使いたかもできるの便利♫無料なので、このタイミングで楽天カード発行しましょう。

また!ハワイでは楽天カードがかなり優秀です♫

・トロリーバス乗り放題(ピンクライン)
・楽天ラウンジ利用

など、ハワイでは年会費無料でとても便利なので、一枚持っておくといいでしょう。

詳しくは『ハワイ【楽天カードの特典がすごい】楽天ハワイラウンジ&トロリーバス』の記事を参考にどうぞ▼

ハワイで楽天カード最強!トロリーバス無料&楽天ラウンジや保険も
楽天カードを持っていると、ハワイの楽天ラウンジを無料で利用できたり、 カードブランドを『JCB』にすれば、トロリーバス(...

SPGアメックスカードは旅行好きには1番おすすめ

SPGカードの実物写真

私もメインカードとして愛用しているのが「SPGアメックスカード」。

海外旅行保険に関しては、補償内容が充実しているのと「自動付帯」で保険が適応されるのです。

「自動付帯」は、このカードを持っているだけで海外旅行保険が適応され!しかも「利用付帯」でさらに保険内容が手厚くなるのです。

詳しくはこちらの記事も合わせてどうぞ▼

■ハワイ旅行の海外旅行保険おすすめ■SPGアメックスカードで十分だ
結論言うと!ハワイや海外に行く場合、何かしら海外旅行保険に加入しない人はヤバいです…! どうも!ハワイ観光編集部です♫ ...
編集長:カイ
編集長:カイ

しかし、このカード!何が優秀か?

それは、航空券とホテル代を直接的に安くすることができるんだ♫

今貯まっているポイントは▼(2019年6月)

spgポイント現在

2019年10月の段階では『301,765P』です。

最新マリオットヴォンボイのポイント

このポイントがあると、

ANAマイルに交換した場合、ANAでハワイのビジネスクラス往復無料(約35万円〜60万円)

ホテル利用した場合、ハワイの5つ星ホテルで5泊無料(20万〜25万円)
(4泊分のポイントで宿泊すると1泊無料なので合計5泊)

年会費は3万円と高いですが!3万円なんて簡単に元を取ることできるし、そもそも入会したら30,000ポイントがもらえるので、実質ほぼ0円。

提携ホテル宿泊で25%のポイントがもらえたり、100円決済で3ポイントもらえるので、貯まり方が尋常ではありませんw

編集長:カイ
編集長:カイ

他にも!3万円の部屋から5万円の部屋にグレードアップなど、何かと特典も充実しているカードなんだ♫

ハワイ旅行の費用を払う前に、こちらのカードを発行してから予約すると、たくさんポイントが貯まりますよ▼

実践内容は『ハワイが無料【航空券とホテル代がタダ】ポイント&マイル高還元率カード』の記事で詳しくまとめています▼

ハワイが無料【航空券とホテル代がタダ】ポイント&マイル高還元率カード
私は、高還元率のカードを1年間使用した結果、ハワイ旅行をダダで行けるくらいポイントを貯めることができました。 どうも!ハ...

まとめ:ソニー損保の海外旅行保険

本記事では、ハワイ行く前にソニー損保に加入した内容について書いてみました。

保険料金は勿体無い気もしますが、入っていないと莫大な金額を請求されるので、任意保険のソニー損保や、クレジットカードを活用して対処しておきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ハワイ6泊8日で使ったギガ数!たった0.4ギガ
楽天モバイル

今まで損してた…ハワイで有料モバイルWiFiはもういらない!

ハワイで「ネット通信&電話」を無料にしたいなら、

2ギガ無料で使える楽天モバイルは太鼓判。

ハワイで普通に使えば2ギガを超えることはまず少ない上、

2ギガ使い切ったら「1GB/500円」で追加可能。

ほぼほぼハワイの通信料はダダです。

<紹介キャンペーン中>
当サイト経由で申し込むと、6,000円相当のポイントもらえる。

●公式経由・・・0P
●当サイト経由・6,000P

【年間405万円使える方限定】特別な1枚

・年会費49,500円
・年間400万円利用

↑達成したらいいことあるの?

<カード系列に宿泊した実体験ベース>
①150万円利用で1泊無料宿泊特典
②午前中にチェックインできた
③チェックアウト最大16時まで
④朝食無料

例:4,720円×2人×4泊)=37,760円
⑤5万円の客室から10万円の部屋にUP
⑥スイートにアップグレード

普通の部屋からプール付きUPなども経験
⑦ラウンジアクセス
⑧ポイント3重取りできる

ANAマイレージモール→楽天トラベル→マリオットP
⑨滞在ごとに50%のボーナスポイント
⑩マイル還元率1.25%

編集部:マナ
編集部:マナ

私の場合、朝食無料特典だけで年会費が帳消しにできるわ。

編集長:カイ
編集長:カイ

1泊4〜5万円の無料宿泊だけでも年会費カバーできるし、更にアップグレードまで!

年間400万円の利用で、マリオット会員のプラチナステータスに。←これをクリアしない限り、このカードを持つメリットが半減するので、達成できない方は作るのはもったいないでしょう。

このカードを持つだけで得する人の条件

・年会費込みで年間405万円利用
・年間2〜3回は旅行に行ける方

当ブログ経由の申し込みで、公式よりも多くの特典をもらうことが可能。

■公式経由・・・39,000P
■当ブログ経由・45,000P

※↑どちらも最初の3ヶ月で30万円利用達成時にもらえます。

その差6,000P!普段のお買い物で20万円分の価値に相当します。(100円=3P)

今がキャンペーン期間中です。条件達成できそうな方はお急ぎで!

<紹介URLをGET>
※自動送信で紹介URLが届きます。


    【ハワイスペシャリスト検定:中級】

    ハワイで宿泊したホテルの情報や、アクティビティー、グルメなど、実際にハワイに行った経験を発信してます。

    ハワイ旅行の費用対策や、お得な情報もチェックしてみてください★

    ハワイ観光編集部をフォローする
    ハワイ便利
    \シェアする/
    ハワイ観光編集部ブログ