ハワイ旅行格安

【ハワイ旅行の予算】安い時期や相場など、見積価格を格安にする方法

色々な方法でハワイ旅行を安くさせる手段

まず!結論から申し上げると、ハワイ旅行の代金を安くするには、いくつかのパターンがあります。

どうも!ハワイ観光編集部です♫

編集長:カイ
編集長:カイ

安くなる方法を紹介する前に!

逆に旅行代金が割高になりやすいケースはこれ。

『HIS、JTB、日本旅行』など、旅行会社を通してハワイに行くことだ。

編集部:マナ
編集部:マナ

ハワイ旅行初心者〜中級者には、一番ベーシックな方法ですよね♫

航空券や宿泊の手配はしてくれるし、基本的にめんどくさいことは全てしてくるメリットがあります♫

一方で、旅行代金はそれなりに割高なのも事実…

理由は単純に旅行会社の手数料です。

まぁ旅行会社もお仕事ですから、めんどくさいことを請け負う代わりに、手間賃として手数料がかかるのは当然の話。

しかも!決められたプランに従う必要があるので、融通が聞かないこともあるのです。

ということで!

旅行会社を通してハワイ旅行に行こうと思っている方は、安くする方法がいくつかあるので参考にしてみてください。

ハワイに行く時期の相場は?

例えば!ハワイに行こうと思っている時期が、年末だったり、GWだったとしましょう〜。

『かかった費用が、1人30万円以上もした場合』

これは単純に相場が高い時期というのもあります。一方、安い時期によっては、1人10万円もかからずハワイに行くことだって可能。

まぁ〜内容によっても金額は上下しますが。

つまり!単純な見積もり金額だけで判断してはいけません。

ハワイ旅行の相場をグラフにした『4泊6日・ワイキキパークホテル・直行便・成田、羽田』

ある旅行会社で算出した年間の相場です!※時期の目安として参考程度に。

大切なのはどの時期なのか!?

グラフを見ると、夏休みや12月は長い連休を取りやすいので、この時期は集中しやすいので、値段もつり上がっています…

つまり!人が集中するということは、値段も高騰する傾向にあるので、必然的に高くなることは覚悟しておく必要があります。

編集部:マナ
編集部:マナ
 高い時期に、10万円以内で行きたいと思っても無謀ですからね…笑

ということでまずは!

ハワイに行く時期の相場を知ることからスタートさせましょう。

※ある程度の予算を知ることで、オプショナルツアーを付け足したり、ホテルのランクを下げたりなど、細かいプランを決めることが可能。

編集部:マナ
編集部:マナ
 予算がわかると、優先順位がわかってきますよ〜(*´꒳`*)

相場を知る方法

編集長:カイ
編集長:カイ
 相場を知るためには、旅行の目的を明確にすること。
編集部:マナ
編集部:マナ
 旅行の目的で内容は変わってくるので、大まかな内容さえ決まっていれば相場の金額がわかりますよ♫

4つだけ決めておく

ざらっとでいいので、4つの項目だけ決めておくと、ある程度の金額を把握することができます。

①旅行の目的

・家族旅行・新婚旅行・夫婦旅行・クルーズ旅行・カップル旅行・友達旅行・卒業旅行・1人旅行・ビジネス旅行・社員旅行・研修旅行など

②出発日

出発日が1日違うだけで、金額はかなり変わってきます。

祝日なのか?平日なのか?

この違いだけでも、飛行機やホテルの金額が変わってくるので、日程は明確しておくと正確な予算を算出することができます。 

③希望日数

何泊するかで当然金額は変わってきます。長く宿泊したい方は、マックスの日程を設定し、見積価格に応じて調節しましょう。 

④人数

・大人
・子供
・幼児

人数も重要なポイント。金額が大幅に変わる要素です。

編集部:マナ
編集部:マナ
 これだけ決まっていれば、ネットで一括見積もりができますよ〜♫

一括見積もりが安い理由

旅行会社はどこも同じではありません。

定番のHISやJTBで見積もりをとるのもいいのですが、1つ1つ見積もりをとるのはかなり無謀なのです。

最終的には、いろいろな旅行会社で見積もりを比較し、納得した上で判断するのはアリです。

しかし!一軒だけ見積もりをだして判断するのは「損」する可能性は大です。

例えばこの見積もり↓↓↓

2018年にHISでハワイに行った見積り

ある旅行会社の「ご請求明細」ですが、この1社だけの見積もりでハワイにいってしまいました…。

正直いうと、1社で決めてしまう人は私と同じバカをみます…

●他社の見積もりを取らなかった

●見積もりとるのに時間がかかったから、相見積もりがめんどくさかった

●一社で決めてしまい、冷静な判断や比較ができなかった

●担当者が親切で、他社と比較しようとも思わなかった…笑

編集長:カイ
編集長:カイ

冷静に考えると、よくこの見積もりでハワイに行ったよなぁ〜って思う…

他に見積もりをとれば、絶対に何十万円も安くなっていたかもしれないのに…

『3社で見積もりを取った場合、このような見積価格に差があったらどうでしょう〜?』

A.60万円
B.70万円
C.65万円

編集部:マナ
編集部:マナ

同じ旅行プランなのに、ここまでの金額差はありえない!?

じゃ〜!同じ冷蔵庫の品物が、電気屋さんによって5万円も違うのはなぜ??

100%言えることは、同じようなプランで見積もりを取ったとしても、旅行会社によって価格はバラバラなのは当たり前なんです。

理由は、個人手配の旅行ではないので、旅行会社によって手数料がかかるからです。

というワケで!

何社か見積もりを取った方がいいという話はこれくらいにして。

先ほど、4つの項目が決まっている人は、ネットの一括見積もりで、ある程度の価格を知ることができます。

早速試してみましょう〜♫

ハネムーンの方はこちらから↓

それ以外でハワイに行かれる方はことらから↓

飛行機はLCCのビジネスクラスがお得

そもそも!LCCでhawaiiに行けること自体、ご存知でしたか!?
※関西国際空港⇆ホノルルのみ

編集長:カイ
編集長:カイ

結論から言うと!LCCでハワイに行くメリットは2つある。

通常の飛行機代と比べると、かなり低料金

低料金な分、シートのランクをUPして快適にハワイへ行ける

に関しては、本当に安いです…笑!安い時期なら片道1万円代で行くことが可能です。

は個人的にすごくおすすめです。LCCのエコノミークラスと比べると値段は高いですが、デルタ航空のプレミアムエコノミーくらいの価格。シートの広さはビジネスクラス並みです。

一般のビジネスクラスとまではいきませんが、LCCのシートランクを上げることで、快適かつ高いコストパフォーマンスで乗ることができるので便利です♫

片道8時間もあるので、少し割高でも快適に過ごしたい人や、安いに越したことはないという方にも、LCCはおすすめ。

個人手配でハワイに行かれる方は、LCCの航空会社を利用しましょう。

LCCの航空会社は2社あるので、詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ↓

ハワイに行けるLCCのビジネスクラス
【ハワイ行き争奪戦のLCC】ビジネスクラスの安さが半分以下の料金今!ハワイまで行く『LCCのビジネスクラス』が安いということで人気。 どうも!ハワイ観光編集部のカイです♫ 飛行機で...

クレジットカードの特典でホテル代を格安にする方法

SPGアメックスカードの実物写真
編集長:カイ
編集長:カイ

私がこのクレジットカードを発行した理由の1つは、ホテル代を安くするためだけと言っても過言ではない…!

このカードを持つ理由は2つ!

・ホテル代を安くするため
・海外旅行保険が自動付帯

他にも、「部屋のグレードアップ」や「100円で3ポイント貯まる」など、メリットはたくさんあります。

詳しく見ていきましょう〜♫

ホテル代が安くなる理由

このカードを持っている場合、安くなる要素は3つあります。

①100円で3ポイント貯まる

②系列ホテル利用で、25%のボーナスポイント

③グレードアップで良いお部屋に安く泊まれる 

貯めたポイントは、ホテル代金に利用することができ、「ホテル割引」や「無料宿泊」することができるのです。

100円で3ポイント

通常のカードは100円で1ポイントくらいですよね。普段の買い物で3ポイント貯まるということは、年間するとかなりものも。

カードポイントを上手に貯めるコツ!

・固定費は全てカードで払う
・コンビニなど、少額でもカード払いする

ちなみに、コンビニの年間平均客単価は618.2円。ニコニコ現金払いで、コンビニをよく利用している方は「損」していることになるので、カードを積極的に使いましょう。

少額でも年間すると何十万円もなるので、出ていく金額が同じならば、カード払いで得をしましょう。

25%のボーナスポイント

編集長:カイ
編集長:カイ

簡単に言えば!

私が持っているカードの系列ホテルを利用した金額に対して、25%のポイントがもらえるという話。

例えば!系列ホテルのシェラトンワイキキに3泊して9万円したとしよう。

旅行会社や一般的な予約ならば、9万円支払ってはい終了。

しかし!このカードを持っている会員は、9万円の支払いに対して、25%のポイントが着くので、22,500ポイントをもらえる。

宿泊でもかなりのポイントがもらえるので、次回のハワイ旅行はもちろん、世界各国の系列ホテルで利用することができるのです。

1回こっきりの海外旅行ならメリットは少ないですが、ポイントを貯めればホテル代を安くすることができるので、旅費を大幅に安くすることができます♫

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ↓

ハワイ航空券とホテル代がタダ
ハワイが無料【航空券とホテル代がタダ】ポイント&マイル高還元率カード私は、高還元率のカードを1年間使用した結果、ハワイ旅行をダダで行けるくらいポイントを貯めることができました。 どうも!ハワイ観光編...

海外旅行保険はこの1枚で十分

ハワイ旅行とはいえ、何が起こるはわからないので、保険に加入しておくのは当たり前。

しかし!良くも悪くも「掛け捨て」になるケースが多く、基本的には無事に日本帰ってきます。

そう。無事に越したことはないのです…。

だけど!なぜか「損」した気持ちになりませんか!?

・手続きがめんどくさい

・家族分の保険を合わせると高い

・掛け捨て 

こんな場合!このカードを持っていると、海外旅行保険が自動で付帯します。

しかも!同伴者の家族も適応されるので、自分以外の保険が適応されるということ。

海外旅行のたび、「掛け捨て保険」に抵抗を感じている方は、「旅費を安くする」意味でもメリットはたくさんあります。

編集部:マナ
編集部:マナ
 このタイミングで1枚持っておくと、ハワイ旅行でも「安心」と「節約」で一石二鳥ですね♫

このクレジットカードの保険について詳しい記事をこちらをどうぞ↓

ハワイ旅行の保険は掛け捨て損する
■ハワイ旅行の海外旅行保険おすすめ■SPGアメックスカードで十分だ結論言うと!ハワイや海外に行く場合、何かしら海外旅行保険に加入しない人はヤバいです…! どうも!ハワイ観光編集部です♫ 正直...

旅行券を使って旅費を安くする方法

HISのふるさと納税

収入によって安くできる金額は変わってきますが、「ふるさと納税」には食品だけではなく、「HIS」や「日本旅行」などの返礼品があるのです。

※現在、ふるさと納税による旅行券は終了しています…

・年収300万円
・配偶者なし

この条件で控除額のシミュレーションしてみると↓↓

ふるさと納税の控除額をシミュレーション

詳細なシミュレーションをしてみないと、ちゃんとした控除額はわかりませんが、それでも実質2千円の負担額で、約28,000円も寄付ができるのです。

編集部:マナ
編集部:マナ
 ふるさと納税は、収入が多い人だけが「得」をするイメージがありますが、年収300万円でも寄付をすることができるんですよ〜♫

つまり!旅行券を返礼品として扱っている自治体に寄付すると、旅行券がもらえるので、その分ハワイ旅行を安くすることができるのです。

しかし!問題が1つ…

『政府の方針により、ふるさと納税の豪華な返礼品は、そのうち消える可能性があるということ』 

旅行券の還元率は、約50%とかなり高めなのです。

10万円の控除額がある場合は、50%の還元率なので5万円の旅行券をもらうことができるのですが!

・今後、この還元率が30%下がったり…

・旅行券自体がなくなる…

このようになるケースは大いに考えられるので、今のうちに「ふるさと納税」で旅行券をGETしておきましょう〜。

編集長:カイ
編集長:カイ

何もしないことが「損」することはわかった…!

だけど、「ふるさと納税」と言われても、いまいちピンと来ないなぁ〜??

・ふるさと納税って何?
・旅行券って?

このように疑問に感じている方は、こちらの記事を参考にしてみてください↓

https://xn--eck8d4dt91m4v0cr1oc2lknl.com/hawaii-travel-sightseeing/2019/

ABOUT ME
ハワイ観光編集部
ハワイ観光編集部
【ハワイスペシャリスト検定:中級】 ハワイで宿泊したホテルの情報や、アクティビティー、グルメなど、実際にハワイに行った経験を発信してます。 ハワイ旅行の費用対策や、お得な情報もチェックしてみてください★ ↓詳細プロフィール