役に立つ

知らないと恥!【ハワイのチップはこうだ】早見表・相場・渡し方

ハワイで恥をかかないチップの渡し方

海外に何回か行ったことある人でも、チップに対して疑問に思うことは多々あります…

どうも!ハワイ観光編集部です♪

・ベッドメイキングでいくら?
・荷物を運んでくれたけど…
・親切にしてもらったけど渡すの?
・チップの相場がわからない!

編集部:マナ
編集部:マナ
 などなど!チップの文化とは理解しているけど、いざという時には「スーっと」出てこないものなの…

これは、相手にも失礼にあたってしまう行為なので、ハワイ行く前に、チップの基本を理解しておくと、恥を書くことがないですよ♪

よかったら参考にしてみてください☆

チップに抵抗がある日本人の「心構え」

日本人の考えでハワイに行くと、なかなかチップを払うセンサーが働かないので、心構えを知っておきましょう。

日本では、チップを払う文化がないですが、ハワイではチップを払う文化なのです。

基本的には親切にしてくれたことに対して「お礼や気持ち」としてチップが発生します。

編集長:カイ
編集長:カイ
しかし!日本人感覚が抜けない方は、サービスの一環だから普通と思ってしまう。

すると!相手からすれば、サービスに対してチップをくれないヤツには、親切にする必要がない…このように相手は受け止めてしまうのだ。

誰しもそうではありませんが、チップの文化では、

・親切にしてくれた
・自分によくしてくれた

細かい金額の基準や、チップを渡すシーンもあるのですが、心構えとして知っておきましょう♪

チップの受け渡し

一番やっちゃいけないのが、チップを渡そうとして、バックや財布から出そうと時間をかけて渡すこと。

例えば!このシーンがレストランだったとしましょう♪

ウエイターさんが、とても親切にしてくれたので、チップを渡す時に、バックや財布からチップを出して渡す行為はスマートではありません。

ウエイターさんも暇ではないので忙しい上、チップ待ちしている本人の気持ちになって考えてみましょう。

まるで『お年玉を期待している子供』をジラしているようなもの…笑

結論をいえば!すっとチップを渡せるようにポケットに忍ばせておくと、来た時にパッと渡せますよ。

ポイントは、あまりお金がビラビラならないように、四つ折りにして渡すこと。

編集部:マナ
編集部:マナ
また!相手の目を見ながら笑顔で渡すとよりgoodですよ♪

1日に15〜20ドルの1ドル札を準備

日本円にして約2,000円分くらいのチップに相当しますが、そこまで準備しておかないとダメなの?って話ですよね?

もちろん、泊まるホテルのランク、レストランのランク、どのように過ごすかでチップの額も変わってくるのです。

・ホテルルームキーパー
・クラブラウンジでウエイター
・ランチの店員
・夜のレストラン

などなど!色々なシーンでチップを渡す機会が多く、

たまにトリッキーな場面で渡す事もあるので、最低でも1ドル札を20枚ほど準備しておくといいでしょう。

チップの早見表一覧

移動編

◼️タクシー
料金に対し10〜15%

◼️荷物の積み下ろし
荷物一個につき1ドル

◼️レンタカー
荷物一個につき1ドル

◼️送迎
荷物一個につき1ドル

◼️バレーパーキング
1回3〜5ドル

ホテル編

◼️ドアマン
タクシーや行為に対し1〜2ドル

◼️ポーター
荷物1個1ドル
※部屋まで荷物運んでくれたら10ドル

◼️ベッドメイキング(ルームキーパー)
1人1〜2ドル(上級ホテルは2〜5ドル)

◼️ルームサービス
料金の15〜20%

◼️その他サービス・接客

レストラン

◼️ランチ
料金の15〜20%

◼️ディナー
料金の15〜20%(上級クラスは20%以上)

◼️ビュッフェ
料金の15〜20%

◼️バー
一杯につき1ドル

◼️

その他サービス

◼️スパ
料金の15〜20%

◼️ヘアサロン・ネイルサロン
料金の15〜20%

◼️マッサージ
料金の15〜20%

◼️オプショナルツアー
料金の15〜20%

◼️カメラマン
一人当たり20〜30ドル

◼️ヘアメイク
一人当たり20〜30ドル

◼️運転手
一人当たり20〜30ドル

編集長:カイ
編集長:カイ
基本的にチップを払うシーンは多いが、ファーストフード店や日本で予約したツアーなどに対してはチップが発生しないことも。

よく確認しておこう♫

チップの計算は「アプリ」が便利

結局のところ、チップの計算は相場に関してはぶっちゃけアプリをダウンロードしておくと一発でわかるので便利です♫

そこで!おすすめのアプリをご紹介しておきます☆

編集部:マナ
編集部:マナ
『チップ 計算』とアプリを検索すれば、同じようなアプリがズラリと出てきくるから、好きなアプリでOK♫

私が使っているアプリは『チップ計算機 TipCal』です。

単純なアプリですが、操作性がラクなのでストレスなく使うことができますよ。

国エリア選択ハワイなら、北アメリカを選択するだけでOK♫

チップ計算

あとは、金額を入れてチップのパーセンテージを合わせるだけで簡単にチップ料金がわかります♫

とても簡単ですよね♫

電卓アプリでも可能ですが、直感的な操作で計算できるので、レストランやその他料金に対してチップが発生するシーンでかなり役に立ちますよ♫

出発前にアプリを入れておきましょう☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。




RELATED POST