ハワイ便利

【海外旅行スーツケース】ハワイ旅行必見!大きさ・おすすめ購入サイズ

ハワイ旅行や海外に行く場合、スーツケースついて疑問に思うことが多いですよね♫

どうも!ハワイ観光編集部です♫

何も知らないで海外に行くと、

・貴重品を盗まれた
・鍵を壊された
・荷物が多くなって超過料金

など!トラブル巻き込まれたり、珍事件になりやすいのが、トランクケース。

というわけで!ハワイ旅行に行く方は参考にしてみてください♫

ハワイではTSAロック(鍵)以外はダメ

編集長:カイ
編集長:カイ
簡単にいうと!アメリカ合衆国では、通称「911事件(アメリカ同時多発テロ事件)の背景がり、

運輸保安省系官が、荷物を開けて目視で検査していいようになっている。

プライバシーがどうのこうのは通用しない話で、アメリカの法律で決まっているんだ!

編集部:マナ
編集部:マナ
この時に、荷物のチェックができるように「TSAロック」の製品じゃないと、鍵を壊してでも荷物を確認できるように認められているの…

破損されたり、内容物の盗難があったとしても損害補償は一切ないわ。

日本は販売されているスーツケースには、ほとんど「TSAロック」に対応している製品がほとんどです。

帰国の便「TSAロックはかけるな」はウソだし本当

ネットで検索して見ると、

・日本からハワイに行く時は鍵をかける

・ハワイから帰国する時は鍵をかけてはダメ

編集長:カイ
編集長:カイ
 このように書いてあるサイトがほどんどですが、私の場合は行きも帰りもTSAロックの鍵はしっかりかけています。しかもベルトまで…笑

なぜなら!規定では「TSAロック」ならかけても良いことになっているからだ。

だからといって!貴重品をスーツケースに入れるのはNG!

もっと言えば!「TSAロックなのに鍵を壊された…」というワケのわからない事件もあります。

こればかりは人間がやっている行為なので、TSAロックをしていても壊されることはありますし、検査員の盗難は社会問題にもなっています。

日本と違って、常識が通用しない国に足を突っ込んでいるので、「運…」としかいいようがないです。

盗まれては困る物は手荷物が安心です♫

お土産などはボストンバッグに入れて、機内に持ち運ぼう。

スーツケースは開けられる前提で荷物を入れる

ハワイに何度も渡航していますか、高確率でスーツケースが開けられた痕跡があります。

編集長:カイ
編集長:カイ
 そこで私が気をつけている三原則は!

・開けられる前提

・壊される前提

・盗まれる前提

この3つを気を付けていれば、スーツケースに何を入れたらいいのか?判断がつく♫

電磁的スクリーニング検査の段階で、全く問題なければ検査されない。

つまり!自分の荷物を1ミリたりとも触れられたくない方は、開けてチェックする価値がない荷物だけにしておくこと。※絶対ではない

なので!お土産や貴重品は手荷物として持っておき、衣類やその他盗まれてもいいような物はスーツケースに入れておくこと。

行きの荷物をスーツケースの半分以下で抑える

旅行の荷物は引き算が大切です!

初心者に多いのですが、行きの段階で!

・スーツケースの半分以上が荷物で埋まっている方

・10kgを超える重さになっている方

このような方は、帰りが大変になります…!帰りの荷物は2倍以上になることが多い傾向なので、20k以上〜は確定。

特に女性の場合は、男性よりも荷物が増えやすいので、スーツケースの半分を目安として、パッキングしましょう♫

また!必要な物は現地で調達すると、メリットがたくさんあるので、賢い旅行をしたい場合は、現地調達が基本です。

裏技!部屋ではTSAロックではない鍵も準備

TSAロック付きのスーツケースと、TSAロック付きのベルトをしていれば、安心だと思っていませんか?

編集長:カイ
編集長:カイ
答えはNOだ!

ホテルに連泊する場合は、スーツケースはホテルの部屋に置きっ放しだ。

もしも!ハウスピーキングに来た従業員が、TSAロックのマスターキーを持っていればどうだろう?

編集部:マナ
編集部:マナ
実際に!TSAロックのマスターキーは出回っているという話を耳にしますし、犯罪目的なら居留守を狙って空けられる恐れもあります。

◼️スーツケースを空けられてもいいように、貴重品は絶対に入れないこと。

◼️開けられたくない人は、TSAロックではない鍵やベルトを準備しておくこと。

※もちろん!空港ではTSAロックじゃないとダメなので、空港以外の話。

さらに!旅行会社でハワイや海外に行くと、スーツケースやトランクケースを部屋まで運んでくれます。

嬉しいサービスですが、その間に鍵を開けられたり盗難されたりなど、実際に起こっているトラブルなのです。

このような犯罪を未然に防ぐためにも、TSAロック非対応スーツケースにして、ベルトだけTSAロックに対応しておくといいでしょう。

もしくは!TSAロック非対応の南京錠で対応するなど♫

最悪の場合、紛失しても大丈夫なように、何度も言いますが貴重品は入れないように♫

 

スーツケース「宿泊日数に適したサイズ」目安

基本的な考えとしては、4泊以上のサイズになってくれば、5泊も6泊も許容範囲。

全く気にならないサイズの差なので、小さいて不便するよりも、大きすぎて不便した方がいいような気がします。

つまり!「大は小を兼ねる」という言技のように、大きければカバーできるメリットが増えるというわけです。

とはいえ!超絶デカいスーツケースは、3泊の旅行では必要ありませんよね?

年間通して、自分が使うシーンを想像しながら判断しましょう。

宿泊数 高さ 容量
1〜2泊 〜50cm 〜30L
3〜4泊 50〜60cm 〜30〜50L
5〜6泊 60〜70cm 〜50〜80L
7泊以上 70cm〜  80L〜

選ぶポイントは、オールマイティーな旅行で使えるサイズ。

スーツケースはレンタルがおすすめ

スーツケースはどのようにして扱われるか知っていますか?

・投げる
・滑らせる
・ぶつけられる

基本的に雑に扱われる運命なので、消耗品の中でもトップクラスで傷みやすい…

なん十万円もする「リモワのスーツケース」をボコボコにされたからといって、「器物破損で訴えてやる〜」何て通用しません笑!

高級スーツケースじゃなくても、買えば2万円以上はしますし、帰国した頃には傷や凹みもあり、損した気持ちに…

そこでおすすめなのが、スーツケースをレンタルすることです。

年間通して、スーツケースの出番が少ない方は、大きい荷物を家に保管しているよりも、必要な時にスーツケースをレンタルした方が、邪魔にならない。

他にも!

・必要に日数に応じてサイズを選べる

・範囲内の傷凹みはOK!

・買い直す必要がない

などのメリットがあるので節約にもなりますよね♫購入を考えている方は、レンタルしてみてはどうでしょう♫

ネットでお得にレンタルする

よかったら参考にしてみてください♫

ABOUT ME
ハワイ観光編集部
ハワイ観光編集部
【ハワイスペシャリスト検定:中級】 ハワイで宿泊したホテルの情報や、アクティビティー、グルメなど、実際にハワイに行った経験を発信してます。 ハワイ旅行の費用対策や、お得な情報もチェックしてみてください★ ↓詳細プロフィール
RELATED POST