楽天トラベル【ハワイのホテルP20%】

※ハワイツアー5万円クーポンは先着限定!

ハワイキャンペーンのエントリー

【ハワイ旅行の全費用】予算に合うプラン探し!最安を知れる(個人手配)

ハワイ旅行の全費用ハワイ旅行・観光

結論を言います!ハワイ旅行は、ツアー会社を通してハワイに行くよりも、個人でカスタマイズした方が安くハワイに行けます。

そこで!個人でハワイ旅行の費用を調べる方法を解説するので参考にどうぞ。

ハワイ旅行で旅費を調べる方法は、必要最低限の旅行プランを叩き出すこと。

実は5分もあれば、ある程度の旅費を算出することができます。

最安がわかれば、あとは肉を足していくだけです。

例えば!最安プランがわかれば、

・後は航空会社を変更
・座席のグレードを変える
・ホテルのランクを変える
・オプショナルツアー
・レストラン

など、自分がハワイでやりたい事を肉付けすれば、自分にピッタリかつ最安を調べることができます。

円安物価高の今だからこそ「安さ」にこだわってハワイに行きましょう。

この記事でわかること

●効果的な旅費削減は2つだけ。

●「ホテル&航空券」以外のハワイ旅行費用(個人手配)

ハワイ旅行で2つの大きい費用を先に調べる

ハワイの費用

細々したハワイ旅行の費用は、最後でいいです。

まずは、ハワイ旅行で1番お金がかかる「飛行機代とホテル代」

この2つの費用を先に算出しましょう。

ハワイ行き最安の航空券はLCCのジップエアーで確定

飛行機から見たハワイ

結論を言うと!2024年現在、ZIPAIR(ジップエアー)よりも安く行ける航空券は存在しません。

エアアジアXもLCCで激安でしたが、今は運行中止しているので、ZIPAIR一択なんです。

ZIPAIRは成田発着なので、地方にいる方は成田まで行く必要がありますが、

それでもジップエアーが断然安いですよ。

先ずは、人数分の航空券が往復でいくらかかるのか?これを算出しましょう。

→ZIPAIRで飛行機代を算出する

ホテル代の調べ方とポイント

ハワイホテル代と調べ方とポイント

ホテルの調べ方!結論は。

①ハワイのどの地域に宿泊したいか?
②その地域で1番安いホテルの値段は?
③安くするしたいなら地域を1つずらす

例えば!メインのワイキキから遠く離れた地域のホテルだと、観光がしにくいですよね?

まずはハワイのメインである、ワイキキ周辺からホテルを探してみましょう。

2024年1月現在に、楽天トラベルでワイキキ周辺を調べたところ、

私なら「安くて、立地がよく、レビュー評価が高い」ワイキキ マリアに宿泊検討します。

「ワイキキ マリア」を例に、値段を算出してみましょう。

ワイキキマリア
2024年/1月調べ

1泊あたり、2人で1部屋29,411円

ですが!!本当の値段は1泊:約37,115円

↑これらは、チェックアウトの際に請求される金額です。

ハワイでホテルを予約する時、リゾート料金と税金が含まれていないことがほとんど。これらも計算に含めて宿泊費を算出しましょう。

ハワイではホテルのランクによって、1日30〜50$のリゾートフィー(サービス料)がかかります。

それと、17.962%の税金と合わせてチェックアウトの際に合わせて請求されます。

これを知らずにハワイ旅行に行かれる方も多く「詐欺じゃないか?」と問題になることがあります。

ホテル予約の際は、この2点を覚えておきましょう。

最近では、リゾート料金込みの値段表記や、税込み価格のプランもあって良心的なホテルもいくつかあります。

予約するときは全てに目を通しておきましょう。

【計算方法】

↑ワイキキマリアを例にすると!

まず!日本円で表記された29,411円を、1ドル何円で計算されているのか?これを調べる。

29,411円÷203.15USD=1$/144.7円

ドル表記の203.15USDとリゾート料金の35.39USDを足して238.54USD

238.54USD+17.962%(税金) =256.50USD

256.50USD×144.7円=37,115円

1泊の料金を算出したら、宿泊数をかけると、ハワイ旅行のホテル代を割り出すことができますよね。

・3泊なら=111,345円
・5泊なら=185,575円

算出した料金が思ったより安いか?高いか?

これによって、宿泊する地域を変更したり、ホテルをアップグレードしたり、自分の予算と相談してホテルを選びましょう。

楽天トラベルの海外ツアーは必須チェック

楽天トラベルでは、「海外航空券+ホテル」で50,000クーポンを配布してるなど、セットで予約することで通常よりも格安で予約することができます。

残念ながらZIPAIR(ジップエアー)は選択できませんが、最寄りの国際線から安く行ける航空券費用とホテル代を調べることもできます。

ホテルと航空券を別々で取るよりも、安いケースもあったり、予約がめんどくさい方は、ツアーパックがおすすめです。

「ホテル&航空券」以外のハワイ旅行費用(個人手配)

ハワイレシート

電卓を準備し、必要だと思う項目を足し行きましょう。

ここからは「航空券&ホテル」以外でかかる費用について解説します。

←必ず必要な費用。
←私は必要な項目。
←お好みで。

※パスポート費用

パスポートの費用

●5年間有効(12歳以上):11,000円
●10年間有効(18歳以上):16,000円

※12歳未満(5年間有効):6,000円

※半年以上の有効有効期限が残ってないと、ハワイに入国できない恐れがあります。

1年未満の有効期限の場合、新しくパスポートを申請してからハワイに行く方が安心だと思います。

※ESTA(エスタ)費用

※2022年5月26日以降から21米ドルが必要です。

エスタは、アメリカに入国する際に申請しないと100%入国できません。

有効期限は2年間なので、申請したことある方は、チェックしておきましょう。

また、エスタの有効期限が残っていても、パスポートに有効期限が半年くらいだと入国できないこともあるので、

パスポートの有効期限が半年以上あることを併せてチェックしておきましょう。

●海外旅行保険

海外旅行保険には2つのパターンがあります。

①任意の海外旅行保険に加入する
②海外旅行保険付きクレジットカードで対応

結論!年会費無料のクレジットカードでも、海外旅行保険が付帯していることがほとんど。(付帯条件あり)

クレカの保険内容だけでは不安な方は、任意で加入しましょう。

年会費がかかるクレカでは、旅行保険内容が充実しているケースがほとんどなので、

私の場合は、複数枚のクレカを活用して海外旅行保険を補っています。

不安な方は、任意の海外旅行保険に加入してハワイに行きましょう。

●ネット通信(Wi-Fi)

アロハデータのレビュー

ハワイでネット通信をする場合、一般的には「レンタルWi-Fi」で通信手段を確保します。

5〜10台の電子機器と繋ぐことができるので、1グループに1台あれば全員分の電子機器をネットに繋げます。

大容量で通信速度を重視したい方におすすめ。

また、グループでレンタル代を割るとすごくお得です。

一方で!私がおすすめなのは、今使っている通信キャリアの海外ローミングサービスを使うことです。

私の場合は、楽天モバイルを使っているので、海外で2GB無料で使えます。

実際に使ったギガ数は、1週間のハワイ旅行で0.6GBですw

なので!契約しているキャリアの契約をチェックしてみましょう。

例えば!1GBで1,000円とかなら、わざわざWi-Fiをレンタルする必要はないですよね。

・ハワイに誰と行くのか?
・パートナーのスマホは海外で使えるか?

などなど!総合的にみて、レンタルするか?今のスマホで行くか?考えましょう。

楽天モバイルを使っている方や、操作方法についてはこちらの記事を参考にどうぞ↓

●空港⇄ホテルの交通費

ハワイシャトルバス

・安く抑えたいならウーバータクシー
・安心できるのはシャトルバス

上記2つの方法が、基本的なホテルと空港の移動になります。

ちなみに!安い運賃で乗れる「ローカルバス」で移動する場合、トランクケースなどの大きな荷物を持ってバスに乗ることはできません。リュックならOK。

一般的には、シャトルバスが無難で安心です。

少し値段はしますが、貸し切りリムジンで送迎もしてくれますよ。

ちょっとしたサプライズや記念日など、思い出作りに最適です。

ハワイでリムジン貸切送迎サービス

価格は日本円で、15,000円前後。(ホテル⇄空港)

※相場や時期で値段は変動。

楽天でシャトルバスの価格をチェック。

●トロリーバスの費用

トロリーバスの費用

トロリーバスは、JCBのマークがついているクレジットカードなら、ワイキキトロリーに無料で乗れます。

ただしピンクラインのみ。

ピンクラインは、ワイキキとアラモアナセンターをなど、より利用されるルートになっておりとても便利です。

ですが、ダイヤモンドヘッドやダウンタウン、カハラ地区に行く場合など、有料で乗るトロリーバスの方がおすすめです。

●オリオリトロリー
●レアレアトロリー

また!ハワイでは、JCBの楽天カードがとても優秀なので、ハワイ旅行前に無料で作っておくと便利です。

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ↓

▲オプショナルツアーの費用

ハワイでサンセットクルーズ

個人的な意見ですが、ハワイではあまり予定を入れすぎないことをおすすめします。

基本、息するだけで楽しいのがハワイなので「半日〜丸1日」かかるオプショナルツアーは、正直時間がもったいないです。

うまいこと隙間を狙って楽しめるオプショナルツアーを組み込みましょう。

オプショナルツアーの定番

・クルーズディナー
・ディナーショー
・シュノーケルツアー
・ダイビング
・クアロアランチ
・天国の海
・乗馬

↓オプショナルツアーを見てみる

食費(レストランやコンビニ)

ハワイの食費

2024年現在(1月)、円安と物価高の影響で、食費がかなり高いです。

2023年7月にハワイに行きましたが、肌感覚でお伝えすると!

●レストランで5,000円のランチが8,000円くらい。
●10,000円のディナーが15,000円くらい。

↑肌感覚の目安なので、はっきりとした値段ではないですが、基本レストランは高いです。

円安と物価高に対して、チップが20%かかってくるので、これが複利の効果のように爆発力を生んでます。

▲biki(レンタル自転車)

ハワイでレンタルサイクル

ワイキキ周辺には、至る所に自転車をレンタルできる「biki」が設置されています。

移動で使うというよりは、散歩ついでにサイクリングする時に使うと良いでしょう。

●ワンウェイ $4.50
ちょっとした移動や街ブラに最適。30分利用可能。

●ザ・ジャンパー $12.00
24時間乗り放題プラン。アクティブに移動したい方。

●ザ・エクスプローラー $30.00

300分で1年間有効。乗りまくる方におすすめ。

▲お土産代

ホノルルクッキー

定番のホノルルクッキーは有名ですね。

おしゃれな化粧箱に入っていると、それなりの金額はします。

2,000円〜3,000円程度。

お土産の詳細は、こちらの記事を参考にどうぞ↓

ばら撒きようだと、ホノルルクッキー以外にも、ドラックストアで安くお土産を買うこともできますよ。

ロングスドラックス

まとめ:ハワイ予算に合うプラン探し!最安を知れる(個人手配)

本記事の要約

●旅行代で1番高い、航空券とホテル代を安くできれば、自ずとハワイ旅費を抑えられる。

●最安の航空券を購入したければ、LCCのZIPAIR一択。

●ハワイのホテル代は『提示価格+17.962%の税金+リゾート料金』を合算すべし。

ハワイの旅費を1番安くできるのは、個人で手配した方が基本的に安いです。

ですが!例外もあって、HISやJTBなどの旅行会社で、募集型の限定プランなどは比較的安い傾向があります。

GWや年末などのイベント時期に、意外と個人手配よりも安いこともあります。

是非とも比較して総合的に判断してみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ハワイ6泊8日で使ったギガ数!たった0.4ギガ
楽天モバイル

今まで損してた…ハワイで有料モバイルWiFiはもういらない!

ハワイで「ネット通信&電話」を無料にしたいなら、

2ギガ無料で使える楽天モバイルは太鼓判。

ハワイで普通に使えば2ギガを超えることはまず少ない上、

2ギガ使い切ったら「1GB/500円」で追加可能。

ほぼほぼハワイの通信料はダダです。

<紹介キャンペーン中>
当サイト経由で申し込むと、6,000円相当のポイントもらえる。

●公式経由・・・0P
●当サイト経由・6,000P

【年間405万円使える方限定】特別な1枚

・年会費49,500円
・年間400万円利用

↑達成したらいいことあるの?

<カード系列に宿泊した実体験ベース>
①150万円利用で1泊無料宿泊特典
②午前中にチェックインできた
③チェックアウト最大16時まで
④朝食無料

例:4,720円×2人×4泊)=37,760円
⑤5万円の客室から10万円の部屋にUP
⑥スイートにアップグレード

普通の部屋からプール付きUPなども経験
⑦ラウンジアクセス
⑧ポイント3重取りできる

ANAマイレージモール→楽天トラベル→マリオットP
⑨滞在ごとに50%のボーナスポイント
⑩マイル還元率1.25%

編集部:マナ
編集部:マナ

私の場合、朝食無料特典だけで年会費が帳消しにできるわ。

編集長:カイ
編集長:カイ

1泊4〜5万円の無料宿泊だけでも年会費カバーできるし、更にアップグレードまで!

年間400万円の利用で、マリオット会員のプラチナステータスに。←これをクリアしない限り、このカードを持つメリットが半減するので、達成できない方は作るのはもったいないでしょう。

このカードを持つだけで得する人の条件

・年会費込みで年間405万円利用
・年間2〜3回は旅行に行ける方

当ブログ経由の申し込みで、公式よりも多くの特典をもらうことが可能。

■公式経由・・・39,000P
■当ブログ経由・45,000P

※↑どちらも最初の3ヶ月で30万円利用達成時にもらえます。

その差6,000P!普段のお買い物で20万円分の価値に相当します。(100円=3P)

今がキャンペーン期間中です。条件達成できそうな方はお急ぎで!

<紹介URLをGET>
※自動送信で紹介URLが届きます。


    【ハワイスペシャリスト検定:中級】

    ハワイで宿泊したホテルの情報や、アクティビティー、グルメなど、実際にハワイに行った経験を発信してます。

    ハワイ旅行の費用対策や、お得な情報もチェックしてみてください★

    ハワイ観光編集部をフォローする
    ハワイ旅行・観光
    \シェアする/
    ハワイ観光編集部ブログ